TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』 キャストに小野賢章&山崎はるか

9月22日(土)18時0分 オリコン

テレビアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』に出演する小野賢章

写真を拡大

 来年放送予定のテレビアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』(『COMICポラリス』連載)のメインキャストとして、小野賢章山崎はるかの出演が22日、発表された。あわせて、ティザーPV、描き下ろしイラストなども公開された。

 同作は、ふとしたきっかけで一緒に暮らし始めた不器用な青年と一匹の猫を、それぞれの視点で描く心あたたまる物語。人付き合いが苦手な小説家・朏素晴(みかづき すばる)役の小野は「オーディションの話をいただいた時に、初めて原作を読ませていただきましたが、本当にすてきな作品で参加できることを光栄に思っています。小説を書くこと以外に全く興味が無い素晴が、(猫の)ハルと出会い触れ合うことで、物事や人間関係に対して視野が広がっていく様や心情の変化をゆっくり丁寧に演じたいと思います」とコメント。

 過酷なノラ生活を送り、素晴に拾われた猫・ハル役の山崎は「オーディションが決まって原作を読ませていただきましたが、一巻だけに留まらずすぐ全巻買って読んでしまったくらいすてきで心があったまる作品でした。たとえ自分に決まらなくても楽しみに思える程でした」と告白。「ハルの印象は『そうそう猫ってこんな感じのこと思ってそう!』って猫を飼っている身として共感しました。野良だからこその勇敢さだけでなく、感情に素直で、ほかの生き物にも優しい猫です」と伝えた。

 2人の主人公の想いを交互に見せながらストーリーが進むティザーPVが公開され、さらに、それぞれの視点で描いた素晴版とハル版も同時公開となった。3本共通して、執筆活動に夢中になる素晴と彼を心配するハルが描かれており、ティザーPVを観た後、素晴、ハルそれぞれのPVを観ると、1つの話を2人の視点で描く本作の特徴がより楽しめる仕掛けになっている。

 また、劇中音楽はアニメーション映画『この世界の片隅に』を担当し、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞したコトリンゴが務める。ティザーPV内でメインテーマが初解禁されている。

■キャスト情報
朏素晴:小野賢章
ハル:山崎はるか

■スタッフ情報
原作:みなつき 漫画:二ツ家あす
監督:鈴木薫
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン・総作画監督:北尾勝
音楽:コトリンゴ
制作会社:ゼロジー

オリコン

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ