ONE OK ROCK「チーム一丸となって全身全霊で」 無観客スタジアムライブまでの3ヶ月にNetflixが密着

9月22日(水)8時0分 オリコン

『Flip a Coin -ONE OK ROCK Documentary-』キーアート

写真を拡大

 ロックバンド・ONE OK ROCKが、昨年10月11日に千葉・ZOZOマリンスタジアムから世界同時生配信し、11万人が同時視聴した自身初の無観客オンラインライブ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder”』開催までの3ヶ月間に密着したドキュメンタリー『Flip a Coin -ONE OK ROCK Documentary-』が、動画配信サービスNetflixで10月21日に全世界独占配信されることが決定した。予告編映像、キーアート、場面写真が一斉に解禁となった。

 2005年に結成したONE OK ROCKは、2007年のデビュー以降、国内外でライブを中心に活動。令和元年に発表した9thアルバム『Eye Of The Storm』を携えたワールドツアーで勢いはさらに加速するはずだった。しかし、突如世界を襲った新型コロナウイルス感染拡大によって、ライブツアーは中止を余儀なくされた。世の中からライブ・エンターテインメントが消え、前例のない模索の時期にONE OK ROCKは、ZOZOマリンスタジアムを使った無観客世界同時生配信ライブを行うことを決断する。

 未知の挑戦となるライブを開催するまでの3ヶ月間に密着した本作では、スタジアムでの大規模な配信ライブに向けた準備やリハーサル、家族と過ごす貴重な姿、当日の緊張感が張り詰めた様子までバンドの素顔に迫る。メンバー4人へのインタビューも収録され、それぞれがONE OK ROCKに出会った頃を振り返りながら、音楽やバンド活動に対する考え方を紐解いていく。

 解禁された予告編映像では「一本だから意味がある」(Taka)と、音楽を止めず前に動き出したONE OK ROCKの姿勢が垣間見える。本作についてTakaは「チーム一丸となって全身全霊で作り上げたライブに込めた想い、この時代を忘れることなく強く生きていってほしいというメッセージを込めて作ったドキュメンタリー作品を、それぞれの想いで受け取ってほしいです」と作品に込めた思いを熱く語っている。

■ONE OK ROCK・Takaコメント
予期せぬ”コロナ”によって一変してしまった2020年、「ロックバンドとして何ができるのか」「希望を持って生きて欲しい」という僕らが普段から発しているメッセージをより強く抱いて挑戦した無観客オンラインライブ。チーム一丸となって全身全霊で作り上げたライブに込めた想い、この時代を忘れることなく強く生きていって欲しいというメッセージを込めて作ったドキュメンタリー作品を、それぞれの想いで受け取って欲しいです。

オリコン

「スタジアム」をもっと詳しく

「スタジアム」のニュース

「スタジアム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ