山下智久、“宙吊り”CM撮影で「筋肉痛になっていました(笑)」 作詞手掛けたCM曲も公開

9月22日(水)4時0分 オリコン

デジタルガレージの新TVCM『TOMIGAYA』篇に出演する山下智久

写真を拡大

 俳優・歌手の山下智久が出演するデジタルガレージ(以下、DG)社の新TVCM『TOMIGAYA』篇が22日より全国で放送される。CMには山下が作詞も手掛けた楽曲『Vision』を起用している。

 山下は同社の「ファーストペンギン・スピリット」(天敵がいる海へ、危険を顧みず自分たちの食料を得るために、勇気をもって最初に飛び込むペンギンのこと)を象徴する人物としてCMに起用。

 第1弾となる『TOMIGAYA』篇では、DG創業のきっかけとなった日本初の個人ホームページ「富ヶ谷」の開設を題材に、 主人公の山下と、その相棒を務めるペンギンのシンボルキャラクター「ファギン(ファーストペンギンの略称)」 が登場。 2人が出会い、DGの全貌にふれる時空の旅へ 出 かける様子を映画のような壮大なストーリーで描いた。

 スピーディーな展開や、疾走感のあるサウンドと力強いビジュアルで訴えかけるミュージックビデオのような世界観、相棒・ファギンとの微笑ましい掛け合い、DGの創業当時を再現したガレージ内の作り込み は 必見です。さらには、ガレージのシャッターを開けた先に広がる、DGの世界の入り口 である日本初の個人ホームページ 「富ヶ谷」の サイバー空間へダイブする2人の 一連のアクションやこだわりのビジュアライズなど、 見どころ満載である。

 今回DGより依頼した企画コンセプトに合わせて、山下が作詞も手掛けたCM楽曲「Vision 」では、“はじまり”を予感させるフレーズと印象的なギターリフが、 DGへの期待感とスケール感を引き立てている。

 山下は撮影で大変だった点について「宇宙空間に飛び込むシーンがあって、その時は宙吊りになって撮影したんですけど、それが肉体的に大変でしたね。かなりいい姿勢で空を飛ぶことができたと思うんですけど、翌朝起きたら背中がすごく筋肉痛になっていました(笑)」と裏話を披露。

 さらに、楽曲については「『これから始まる』など、事前にキーワードをいくつかいただき、毎日新しいスタートを切るとか、希望が感じられるような歌詞を心がけて書きました。音楽で力強さを表現するというテーマもいただいたので、共感しながら作れたかなと思います」と自信を見せている。

オリコン

「俳優」をもっと詳しく

「俳優」のニュース

「俳優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ