『死霊館』最新作のネタ元 悪魔の肉声を収録!? 実在の事件関係者が証言する特別映像

9月22日(水)18時0分 オリコン

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(10月1日公開)(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

写真を拡大

 最強の心霊研究家エド・ウォーレン&ロレイン・ウォーレン夫妻が数々の心霊現状に立ち向かう人気ホラーシリーズ「死霊館」ユニバース。7作目にして最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(10月1日公開、R15+)の公開を前に、悪魔の肉声を収録!? さらに実在の事件関係者が語る特別映像が解禁された。

 本作は、1981年、家主を刃物で22度刺して殺害した青年は、悪魔にとり憑(つ)かれていたことを理由に「無罪」を主張した。被告人の供述は一貫して「ぜんぶ、悪魔のせい。」。法廷に神が存在するなら、悪魔も存在するというのだ。殺したのは、人か? それとも…!?姿なき存在を証明するため、心霊研究家ウォ—レン夫妻が立ち上がる。

 被告人を救うため、手がかりをもとに、警察に協力し捜査をすすめる彼らだったが、とてつもなく邪悪な〈何か〉に極限まで追い詰められていく。果たして、ウォーレン夫妻は次々と襲い掛かる恐怖に打ち勝ち、「その存在」を一体どうやって証明するのか? アメリカ史上初、前代未聞〈すべて実話〉の殺人事件。衝撃の真相がついに明らかになる。

 本作の題材でもある“アーニー・ジョンソン事件”は、デイビッド少年に取り憑いた悪魔から始まった。古びたカセットテープを再生すると悪魔祓いを受けるデイビッド少年の実際の音声が聞こえてくる。その声は少年が発する声とは思えないほどしゃがれているが、残酷にも悪魔が少年の体を借りて発している言葉で間違いない…。

 「真実を話すわ。」そう語るのは悪魔に取り憑かれて殺人を犯してしまった青年アーニーの実の妻デビー・ジョンソン。ヘッドホンを付け何かを見つめるデビーの横には、実際のアーニーの姿も垣間見える。デビーの弟デイビッドをかばい、自分の中に悪魔を取り入れたことによって事件を犯してしまったアーニーについて、「勇敢に悪魔に立ち向かったけど、今度は彼が徐々に蝕まれていったの。」とデビーは語る。

 そして1981年2月16日、事件は起こってしまった…。その日のこともデビーは詳しく語ってくれている。映像の所々には裁判所へ臨む若かりしアーニーを写した実際の写真も見ることができる。最後にデビーはこう締める。「神と悪魔が闘ったの。」と。「死霊館」ユニバースは実話がもとになっているという信じがたい事実を、事件の関係者の肉声を交えて再度認識できる特別映像だ。

 この「死霊館」ユニバースの生みの親ジェームズ・ワンのインタビューも到着している。メインストーリーの「死霊館」シリーズ1作目と2作目で監督を務め、3作目にあたる本作では監督をマイケル・チャベスにバトンタッチした。

 「“呪われた館”を飛び出して進化させたかった!」と語るワンはその進化した部分について、「夫婦は複数の事件で警察に協力し、行方不明者や物を探す手伝いもしていた。だから新しい方向に進むのは自然な流れだった」と話す。続けて、「『死霊館』ユニバースで『セブン』を作りたかったんだよ」と、過去作にはなかった要素でもある、捜査し謎を解いていくというスリルと冒険感を示唆する発言をしている。

 続いて、『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』で初めてタッグを組み、本作で『死霊館』の監督の座を託したマイケル・チャベス監督については、「ホラー映画向きの監督だと思った。共感できる人物描写がいかに大切かを理解している。だから自信を持ってバトンを渡すことができたよ」と、絶大な信頼を寄せる。しかし、「だからといって手を引いたわけじゃない(笑)」とカムバック(!?)を期待させる発言も飛び出した。最後に、「バトンを渡すのは少し寂しいけど、ユニバースの新たな展望が楽しみでもあるんだ」と、今後の展開に意欲を見せている。

オリコン

「妻」をもっと詳しく

「妻」のニュース

「妻」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ