イギリス留学の佳子さま 国際結婚の可能性はあるのか

9月22日(金)16時0分 NEWSポストセブン

イギリス・リーズ大学での授業がいよいよスタート

写真を拡大

「しばらくは日本から同行した職員がついていますが、彼らが帰国したら、文字通り“おひとり”での留学生活がスタートします」(宮内庁関係者)


 イギリス・リーズ大学への留学のため、秋篠宮家の次女・佳子さまが9月12日に日本を旅立たれた。25日から授業がスタートするという。


「リーズはロンドンから車で3時間半ほど。産業革命時に羊毛産業の中心地となった場所で、リーズ大学のキャンパス内にもかつての羊毛工場だった建物が残されています」(イギリス事情に詳しいジャーナリストの多賀幹子さん)


 教室は「レッドブリック」と呼ばれる荘厳に立ち並んだ赤レンガの建物。キャンパス内には4つの図書館を構え勉学に励む環境が整う一方、自然豊かで緑が溢れ、オブジェも点在するなど芸術面にも秀でた同大の雰囲気を支えている。


「佳子さまはパフォーマンス文化産業学科に所属され、舞台芸術や心理学を学ばれる予定です。多くの留学生のように寮生活。身の回りのことは自分自身ですべて行わなければならないため、佳子さまには初めてづくしの毎日になります」(前出・宮内庁関係者)


 留学直前の9月3日に姉・眞子さま小室圭さんの婚約が内定し佳子さまの恋路にもにわかに注目が集まっている。


「眞子さまのように、キャンパスで自由恋愛を楽しまれるのだろう」──そんな声が聞こえてくる中で、ある宮内庁関係者は声低く明かす。


「佳子さまの恋愛や結婚相手について、紀子さまがかなりナイーブになっているようなのです。一般家庭で育った小室さんが眞子さまのお相手だったことに一部で“逆風”が吹いたことに苦い思いをされたようで、佳子さまのお相手は“名家のかたに”と考えていらっしゃるようです」


 そこで気になるのが、かつて佳子さまに浮かび上がった2人の御曹司との恋模様だ。本誌・女性セブンは2015年3月、佳子さまの婚約者候補として、人気テーマパーク「富士急ハイランド」などを運営する富士急行の御曹司・Aさんの名前が浮上していることをスクープした。先日発売された『週刊新潮』(9月21日号)では、佳子さまとAさんがすでに交際を始めており、さらにその事実をひた隠すため別の女性をAさんの表向きの交際相手としているとまで報じた。


 一方、2015年8月には『女性自身』が、ジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領の孫で、キャロライン・ケネディ元駐日アメリカ大使の長男であるジョン・シュロスバーグ氏との「お見合い」を報じた。



「東京・銀座にある懐石料理の店で顔を合わせたようです。でも、ふたりきりというわけではなく、お見合いというほどの意味合いもなかった。シュロスバーグ氏からのアプローチによって実現した食事会だったようで、実際、その場で連絡先も交換したそうです」(別の宮内庁関係者)


 日本企業に勤めたシュロスバーグ氏は、今秋からアメリカ・ハーバード大のロースクールに通うという。佳子さまの留学するイギリスとは遠く離れているが、眞子さまと小室さんがそれぞれイギリスとアメリカに留学しながら愛を育まれた例に照らせば、超えられない距離ではなさそうだ。


「佳子さまがAさんと交際していることはないようです。一方のシュロスバーグ氏には好意もあったようですが、メールのやりとりを何度かするうちに、連絡を取らなくなってしまったそうです」(前出・別の宮内庁関係者)


 実現していれば世紀の国際結婚だったわけだが、意外にも皇族の「国際結婚」は特段禁止されているものではない。


「皇室典範に国際結婚を禁じる記述はありません。そもそも女性皇族の結婚は皇室会議を開く必要もありませんので、法的には一般と同様に本人の意思だけで可能です」(皇室ジャーナリストの山下晋司さん)


 1901年に梨本宮家の長女として生まれた方子(まさこ)女王が、朝鮮半島の李王朝の皇太子だった李垠(りぎん)と結婚した例もある。


「女性皇族にとって留学は英語や他国の文化を学ぶ機会である一方、日本を離れ開放的な気分になるのも事実。ある女性皇族は現地の外国人とつきあったこともあったといいます。リーズ大学では世界各国の学生が学んでおり、中には“日本のプリンセスとお話ししてみたい”と興味津々の学生もいると聞きます。佳子さまの運命の赤い糸が国際結婚に繋がっている可能性も大いにあるのです」(皇室記者)


 恋は海を超えるのか──。


撮影/雑誌協会代表取材


※女性セブン2017年10月5日号

NEWSポストセブン

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ