米米CLUB・石井竜也 借金地獄から立ち直り若々しさ全開

9月22日(火)16時5分 NEWSポストセブン

颯爽と現れ車に乗り込む石井

写真を拡大

 8月中旬、都内のラジオ局から軽やかな足取りで出てきたのは、歌手の石井竜也。この9月22日が誕生日で、61歳になった。スラッと細い体型に金髪ロングヘア姿は、とても還暦過ぎには見えない若々しさである。


 今年は、6月に還暦記念のソロライブ、9月には欧州のバルカン室内管弦楽団とのスペシャルコンサート、そして、10月からは結成35周年を迎える石井がカールスモーキー石井としてメインボーカルを務める米米CLUBの全国ツアーを開催予定だったが、全て新型コロナウイルスの影響により延期となった。


 米米CLUBは、1980年代のバブル期に大ヒットしたグループ。あるベテラン音楽制作者は「当時は、毎回国内最高額といわれるほどに大金をかけた豪華なステージがテーマパークのようで、そのきらびやかな“エンターテインメントショー”がファンを虜にしていました。まさにバブル期のアーティストの象徴でした」と振り返る。


 それだけに、今回の延期の決断時も、石井としては「お祭り騒ぎのバンドゆえの、苦渋の決断でした」と説明していた。バンドとしても「大きな声を出したり、踊ったり、騒いだりすることができないコンサートは考えられません。無理しては楽しめないし、無理をすると、どこかが歪む。頭でも心でもなく、身体のどこかで、ツアーに向かうことが出来ない。悔しいけれど、本音です」とコメントした。


 前出のベテラン音楽制作者は「石井さんは、自身のライブパフォーマンスにはとてもこだわる方ですから、妥協した形は許せなかったのでしょう」と話した。


 1992年のラブソング『君がいるだけで』は約300万枚セールスのメガヒットで日本レコード大賞も受賞。1997年には東京ドームで解散コンサートをするほどに栄華を極めた。しかし、絵画やオブジェ制作など多彩なアーティスト活動をしていた石井は、1990年代半ばには映画2作の監督も務め、その失敗がもとで個人での負債を10億円も抱えたという。


 かつてテレビのトーク番組では、人間不信に陥り、自殺未遂を2回もするほどに追い詰められたことを明かしていた。同番組では、茨城県で創業100年以上の老舗和菓子屋を営んでいた今は亡き父から「金なんて結局心がないもの。そんな心ないものにお前は命を預けちゃうのか。お前はそこまでバカじゃないよな」と電話で叱咤され、我を取り戻したということも語っていた。


 天国も地獄も経験した石井は、解散から10年後に米米CLUBを再結成。ソロにバンドにと精力的に活動し続けて、現在の若さを保ち続けているわけだ。


 コロナ自粛で、忍耐続きだった石井と米米CLUBにも、1つの朗報が舞い込んだ。この9月26日のオンラインフェス『気志團万博2020〜家でYEAH!!〜』の出演が発表された。溜めに溜めてきたエネルギーの放出が楽しみだ。

NEWSポストセブン

「石井竜也」をもっと詳しく

「石井竜也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ