土屋太鳳がひっそりと会社を立ち上げていた! 「たお事務所」設立の意外な目的

9月22日(水)17時0分 週刊女性PRIME

土屋太鳳

写真を拡大



《この男が書いた小説(ウソ)を見破れるか》

公式サイト上の意味深なキャッチとともに、話題を集めている映画『鳩の撃退法』。劇中で、主人公に翻弄される編集者役を演じているのが、土屋太鳳だ。

「元直木賞作家の主人公が、自分の周りで起きた不思議な出来事を小説として描く物語。天才小説家の主人公を藤原竜也さんが演じ、土屋さんのほかにも風間俊介さんや西野七瀬さん、豊川悦司さんなどの豪華キャストが脇を固めています」(スポーツ紙記者)

 土屋は、2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務めて以降、多くの話題作に出演している。女優として日に日に存在感が増しているが、最近新しい挑戦を始めたという。

「自分の会社を立ち上げたんですよ。昨年5月に作ったので、まだ社長になって1年ほどですが、時間を見つけては会社経営や経理の本を買って勉強しています」(テレビ局関係者)

 昨今は、大手の事務所に所属していたタレントが退社して、個人事務所で活動を始めるなど“独立ブーム”が起きている。土屋が会社を立ち上げたのも独立の布石かと思いきや、そういうわけではないようだ。

「自分の事務所の後輩が、大学の勉強と仕事を両立できるように何か力になりたいと思って始めたんです。もちろん、事務所にもきちんと報告していますよ」(同・テレビ局関係者)

 土屋が代表取締役を務める会社の登記を見ると、主な事業内容にはこのような記載が。

《演劇、音楽、映画、テレビ番組等エンターテインメントへの芸能の提供、企画及び運営》

《日本と海外との間での芸能人の交流、契約サポート及び演芸の興行》

 “芸能人の契約のサポート”が明記されているところからすると、事務所の後輩の手助けをすることも、目的の1つのようだ。

■4年留年してようやく大学卒業した



 ドラマや映画など、長期間拘束される仕事をいくつも抱えながら、単位を落とさずに4年間で大学を卒業するのは簡単なことではない。土屋自身、そのことを痛いほど実感している。

「土屋さんは、2013年に日本女子体育大学に入学。ただ、入学してすぐに“売れっ子”になってしまったため、4年留年した末、今年3月にようやく卒業することができました。そんな苦労もあってか、周囲には“もっと大学と仕事が両立できる環境を作りたかった”と話しているといいます」(芸能プロ関係者)

 土屋と同じ事務所に所属する二階堂ふみも2014年に慶應義塾大学に入学したが、昨年一部のメディアで、留年していて“大学7年生”であることが報じられている。やはり、人気女優が仕事と学業を両立させるのは難しいのだろう。

 ただ、“新会社”ができたことで、こんな期待も。

「土屋さんが事務所のスタッフと後輩の間に入って、後輩の意見を事務所の上層部に伝えることはできるでしょう。まだ若いタレントだと、自分の意見をハッキリと会社に言いにくい。その点、女優としてキャリアのある土屋さんなら発言力も大きいでしょうからね」(同・芸能プロ関係者)

 これまでの苦い経験も、存分に生かすことができる。

「例えば、“この時期は大学のレポートの提出や試験期間と重なるから、あまり仕事は入れないほうがいい”“逆に、この期間は時間に余裕があるから集中して仕事ができる”というような、大学生目線の提案ができると思います。彼らに寄り添ったスケジュールを立てることができれば、たとえ売れっ子であっても仕事と学業の両立が可能になるのでは」(同・芸能プロ関係者)

 土屋社長の下でノウハウを学べば、成功間違いなし!?

週刊女性PRIME

「土屋太鳳」をもっと詳しく

「土屋太鳳」のニュース

「土屋太鳳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ