野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

9月22日(土)16時35分 エンタメOVO

野村周平(左)と柳ゆり菜

写真を拡大

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。

 本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取ってくるよう命じられた坂本純平(野村)は、実行までの3日間、偶然出会った女性・加奈(柳)と行動を共にすることに。孤独と不安を慰め合う2人だったが、やがて決行の日がやってくる。

 野村は、初共演となった毎熊の印象について「兄貴という感じ。存在感、包容力もあり、素晴らしい先輩だと思いました」とコメントした。

 その毎熊から「(野村は)格好いい。多分、年も六つか七つぐらい違うのですが、いまどきの子というよりも、一昔前の男みたいな、まさに純平のような感じだった」と評されると、野村は「『生まれてくる時代を間違えた』とか、『ちょっと平成には似つかない男だ』などとよく言われます」と笑いながら明かした。

 また、本作のテーマの一つに“SNS”があるが、野村は「SNSの住人はSNSの中でしか生きていないので、心もとない発言をしてしまうことが多々あると思いますが、(直接)人と会わないと何も分からない。『会ったこともないのにSNS上だけで、あまり人格とかを否定するなよ』と、ちょっと世の中に言いたいし、『じゃあ会いに来てください』という感じ」と持論を展開させた。

 さらに、野村は「純平のような芯のしっかり通った男が格好いいというのが描かれているので、こういう芯の通った男性が増えてくれたらなと思うし、僕も純平のような男になれるように頑張ります」と言葉に力を込めた。

 最後は「SNSを否定するようなことを言いましたが、皆さんのつぶやきでこの映画を広めていただけたら。皆さんの宣伝の効果で『カメラを止めるな!』みたいな感じになれるかもしれないので」とちゃっかりアピール。

 「俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください」と劇中のせりふをアレンジした“決めぜりふ”でイベントを締めくくった。 

エンタメOVO

「野村」をもっと詳しく

「野村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ