有村架純、人生が変わった瞬間は…!? 石田ゆり子“33年前のスカウト”を回想

9月22日(土)14時48分 エンタメOVO

女優になったきっかけを振り返った有村架純

写真を拡大

 映画『コーヒーが冷めないうちに』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の有村架純伊藤健太郎林遣都石田ゆり子、塚原あゆ子監督が登壇した。

 本作は、川口俊和氏のベストセラー小説を映画化。座ると望んだ時間に戻ることができる不思議な席がある喫茶店を舞台に、さまざまな後悔を抱えた客がタイムスリップする様子を描く。

 喫茶店で働く主人公・時田数を演じた有村は、映画にちなみ「人生が変わった瞬間」について尋ねられると、「やはりこのお仕事を始めたことしか思い浮かばない。15歳でお芝居がしたいと思ってオーディションを受け始めました。それがなければここに今いないなと思います」と答えた。

 芝居がしたいと思ったのは突然だったそうで「中学3年のときにドラマを見て、興味を持ちました」と語った。

 今では、主演映画が公開されるまでになったが、「本当に毎日が夢のよう。くじけそうになっても“何のために東京にいるんだ”と(当時を)思い返します」と明かした。

 同じ質問に対して、林は「この仕事と出会った瞬間」を挙げ、「中学のときに修学旅行で上京したときにスカウトされました。班行動だったのですが、そんなに親しくない班の女子3人が『渋谷に行きたい』と言ってくれて。渋谷駅のホームで事務所の方にスカウトされたので、その3人にはずっと感謝しています」と語った。

 石田も「15歳の春、自由が丘の老舗の和菓子屋さんの真ん前で声を掛けられました」とスカウトの瞬間を挙げた。「それまで水泳の選手だったので、全くそんな気はなくて…。当時は短パンとTシャツ姿。髪の毛も男の子みたいなショートカットでした。女優になるなんて親が許さないと思ったのですが、(当時は)こんなことが私の人生に起こるんだ…と感じました。33年前です」と懐かしんだ。

 一方、伊藤は「最近、名字を付けたことですね」と答えた。「いろいろなタイミングが重なったことで、今年の誕生日に芸名を健太郎から伊藤健太郎にした」といい、「変わったことですか? 映画のクレジットで、伊藤健太郎と出るようになりました」と笑わせた。

エンタメOVO

「有村架純」をもっと詳しく

「有村架純」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ