加速度200%の恋...ナム・ジュヒョク主演のキラキラ青春ラブコメ『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~』

9月23日(月)13時0分 AbemaTIMES

 『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』、『ハベクの新婦』、『眩しくて(原題)』といった話題のドラマに次々と出演し、今、最も注目されている若手俳優ナム・ジュヒョク。『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』は、そんな彼が大学の水泳選手に扮し、再会した幼なじみと恋に落ちる胸キュンがいっぱいのキラキラ青春ラブコメディだ。
 ハノル体育大学2年生のボクジュは重量挙部のエース候補。親友のナニ、ソノクと共に毎日、厳しい練習に明け暮れ、「たくさん食べる」ことを何よりも楽しみにしていた。そんなある日、ボクジュたちが暮らす学生寮に下着泥棒が侵入。犯人を追っていたボクジュは水泳部のジュニョンを捕まえるが、その後、誤解だったことが判明する。渋々、謝りに行った彼女は、彼が小学校の同級生だったことを思い出し、その日からふたりの友達関係が始まる。

(C) 2016-7 MBC

(C) 2016-7 MBC
 スポーツもののドラマといえば、これまでも様々な作品が作られてきたが、主人公が“重量挙げの選手”、それも、“女の子”というのが、この作品のユニークなところ。演じる俳優にとってはかなり難易度の高いキャラクターながら、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』などでも都会的な役柄を演じてきたイ・ソンギョンがイメージを一新して好演している。「今までこんなに短く髪を切ったことも、“着飾らない”こともなかった」という彼女だが、体重を増量し“重量挙げしか知らない”ボクジュに見事変身。小学校以来、久しぶりに再会したジュニョンが顔を合わせるたびにからかってしまうのも当然と思えるほど、キュートな魅力を存分に発揮している。

 そんな彼女を次第に“恋の相手”として意識するようになるジュニョンを演じているのは、イ・ソンギョンと同じくモデル出身のナム・ジュヒョク。こちらは水泳選手役ということで、鍛え上げた肉体を惜しげなく披露してくれる。お互いを励まし合いながら親しさを増していくふたりの姿はなんとも愛らしく、見ているだけで笑顔がこぼれてくる。『ハベクの新婦』では神の国からやってきた“王子”に扮し、究極のツンデレ男子ぶりを見せていたナム・ジュヒョクだが、こちらでは等身大の青年をさわやかに演じている。

(C) 2016-7 MBC
 脚本はドラマ『ああ、私の幽霊さま』も手がけたヤン・ヒスン。ボクジュとジュニョンの恋の行方だけでなく、それぞれの家庭環境、選手たちを支える重量挙げ部の監督やコーチのキャラクターなども丁寧に描かれ、ヒューマン・ドラマとしても見応えがある。ボクジュと親友たちとのリズミカルなセリフのやりとりや、新体操部との対立など、笑えるシーンも満載。同じ制作会社が手がけた『W-君と僕の世界-』に主演したイ・ジョンソクがドラマと同じ設定で顔を見せたり、少女時代のソヒョンが、ボクジュの片思いの相手の初恋の人として登場したりするのも楽しい。

 『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』はAbemaTV【韓流・華流チャンネル】にて9月28日(土) よる9時より放送。
 

▶【ナムジュヒョク主演】恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜 第1〜2話

AbemaTIMES

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ