『おんな城主 直虎』、“成長した虎松”菅田将暉登場! 堺へ向かった直虎と龍雲丸は…

9月23日(土)12時30分 クランクイン!

『おんな城主 直虎』第38話「井伊を共に去りぬ」(C)NHK

写真を拡大

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第37話「武田が来たりて火を放つ」。 還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)と新しい生活を送っていた。堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から誘われた龍雲丸は直虎に一緒に来てほしいと告げるが、武田の大軍が遠江へ侵攻し井伊谷は危機に。そんななか、徳川は三方ヶ原で武田の猛攻に大敗。近藤康用(橋本じゅん)は劣勢にも関わらず、徳川方として戦うことを選択。直虎は武者に化けて近藤に対面。戦をせず武田に帰順するよう促すが…。 今週放送の第38話「井伊を共に去りぬ」では、武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤に対し、直虎は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。

 武田の陣に単身乗り込んだ南渓(小林薫)は、武田信玄(松平健)と対面し、井伊の家名を復することと本領安堵を願い出る。単身乗り込んできた南渓に老練さを見て取った信玄は、酒を酌み交わしながらくだけた様子を見せ、駆け引きを楽しむ。

 一方、堺に行くことを決めた直虎と龍雲丸だが、井伊谷に危機が迫ったことで井伊の民とともに一時避難。何よりも井伊谷を守ることを優先してきた直虎の心情を思う龍雲丸の決断だった。焦土と化した井伊谷で龍雲丸は…。

 第38話で注目は、虎松が大人へと成長、演じる菅田将暉が初登場する。

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第38話「井伊を共に去りぬ」はNHK BSプレミアムにて9月24日18時、総合テレビにて20時放送。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おんな城主 直虎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ