注目ワードロゴ・ナンバープレート 球宴・選出 本田翼・転機 ディズニー・映画 着物・着物姿 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

YUKI、aiko、石田ゆり子…老けとは無縁な女性9名に共通する大きな特徴

messy9月23日(水)13時0分
画像: 映画「悼む人」ホームページより
写真を拡大
映画「悼む人」ホームページより

 人は誰でも年齢を重ねるとともに容姿も変わり、老化していくもの。ごくごく自然な現象なのだが、気の毒なことに芸能人においてはこれを「劣化」と揶揄されることも多い。人間は工業製品ではないので、「劣化」というワードは正しくないのだが、芸能人は容姿も含めて商品化されていると思われている性質上、毎日のように「誰それが劣化した」とネット上で盛り上がる。

 一方で、年齢による老化がはっきり表れる人とそうでない人がいるのも事実で、後者の芸能人は「○○歳には見えない!」と絶賛され、あるいは「劣化知らず」と形容される。一体なぜ彼らが年相応に老けていかないのか……対面してインタビューを試みたところで正直な回答は得られないだろう。彼らの共通項を探るべく、今回は、メディア登場のたびに感嘆の声が上がる年齢不詳のアラフォー・アラフィフ女性芸能人たちをピックアップしてみた。

aiko(39)

 とにかく童顔で98年のメジャーデビュー(当時22歳)から顔がまったく変わらず、シミもシワも増えない。女性ファッション誌がほぼ5歳刻みで対象読者年齢を変えていくつも刊行されているように、「年齢に合わせてファッションを変える」ことは常識化しているだが、彼女に至ってはTシャツ+デニム+スニーカーといったカジュアルスタイルを20代から現在まで続け、違和感もなし。髪型はショートボブの明るい茶髪というイメージが強いが、胸までのロングだった時期もありお団子アレンジも似合う。彼女が老けて見えないのは、小柄な体格・白く陰のない肌・豊かな毛量と髪のツヤ、この3点が絶妙なバランスで整っているからだろう。

the brilliant green 川瀬智子

 テレビで見かける機会は少なくなったものの、Instagramでは金髪ロングヘアのガーリースタイルをいまなお変わらず披露。かつての姿に比べるとややふっくらした感はあるものの、儚げな魅力と独特の世界観は健在。aiko同様に華奢な体格・やはりシミもシワも増えない白肌・長く変わらない独自のファッションスタイルが、彼女の20代からそのままワープしたような世界観を保っている。世間の持つ「40歳女性」のイメージからは大きくかけ離れた女性だろう。

原田知世(47)

 ネット上から「劣化しなさは異常」との声も上がるほどの伝説の人。「若い頃よりいまの方が美人」との反応さえある。一時、激ヤセによるシワシワ化が指摘されたこともあったが、すぐに払拭されている。彼女のすごいところは、結婚・離婚歴もあるのに、いつまでも少女のような透明感が失われないことだ。バレエダンサーの開発したエクササイズ「ジャイロキネシス」を行い、和食中心で低カロリーの食生活を心がけているというが、ここまで老けないのはもちろん持ち前の体質も大きいだろう。彼女があと数年で50代だということを、どれだけの人が信じられるだろうか?

森高千里(46)

 結婚と出産以降、音楽番組の衰退もあって、メディア露出が非常に少なくなっていたが、ここ数年はテレビやイベント出演のたびにヒット曲にかけて「いつオバさんになるんだ!?」と驚かれるほどの若さを維持している森高。その脚線美も含め「若い頃から変わらない」という声だけでなく、「キレイに年齢を重ねている」と言われている。肌へのヒアルロン酸注入や、デビュー当時の写真と比べた時の目の大きさの違いなど整形疑惑もあるが、それ以上に賞賛の声が多い。容姿そのものとは関係なく、家族仲が良さそうだ、というプライベートも彼女の評価を底上げしているようである。アンチエイジングとしては、週に1〜2回はジムのプールで泳ぎ体力を維持していること、代謝を上げる野菜ジュースを常飲していることなどの美容法を実践している。

鈴木杏樹(45)

 かつてはイギリスで音楽活動をしていた時期もあったが、92年から日本での女優活動を始めて以降、整形・劣化指摘が皆無。生放送の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の金曜パーソナリティーを務めているが、ここまで高画質の映像放送が可能になった現在でも肌荒れすら指摘されたことがない。長寿音楽番組『ミュージックフェア』(フジテレビ系)でどれだけ年若い女性アーティストと並んでも老けて見えないほどである。彼女の場合も「髪の輝くツヤ」がやはり大きなポイントなのかもしれない。

深津絵里(42)

 9月10日に都内で行われた映画「岸辺の旅」の日本凱旋披露試写会に出席した際には変わらぬ美貌を披露。ホクロやシミそばかす、シワは年相応にあるが、童顔であることと、あえてそうした肌のアラを隠さないナチュラルな雰囲気が持ち味。気付きにくいが、ふっくら膨らんで縦ジワの目立たない下唇が彼女の「若見え」重要ポイントである。このボリューミーな口元は篠原涼子(42)も同様。ヒアルロン酸を注入して唇をふっくら見せたがるセレブは欧米にも多いが、自然に見えなくなり変顔化してしまうリスクも高い。その適度なバランスを保ち続けていることが深津の老けない理由のひとつではないだろうか。生まれつきの造作ゆえ、人工的に彼女のような唇を作るのは難しいかもしれない。

永作博美(44)

 童顔美女の代表格。「かわいい」という言葉がよく似合い、かつて18歳年下の元AKB48・大島優子とCMで共演した際には「大島と並んでも引けを取らない」と絶賛されていた。目・鼻・口などのパーツ配置が、生後数カ月の赤ちゃんのようなバランスのまま40代に突入。若い頃はバランスが良くても20代後半ごろから頬が痩せて面長になる女性は少なくないのだが、彼女は相変わらずふっくら丸顔をキープしている。ただ、本人が「高校時代は年上に見られていた」と明かしているように、童顔でありつつも決して子供っぽい容姿ではないのがポイント。「若く見られたい」願望を持たないとも公言している。二児の母であり、早い日には子供と一緒に20時台に寝つき、睡眠を8時間以上とることが美容の秘訣だという。さらにラジオ体操やリンパマッサージ、長風呂、生野菜摂取などの基本的なことも実践して健康的な肉体を維持している。

YUKI(43)

 こちらも童顔美女の代表格として真っ先に名前が上がる一人だ。新譜リリースのタイミングで『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などの生放送番組に出れば、ネット上は「かわいすぎる!」と大いに盛り上がる。三人の子供を出産したが相変わらず華奢、かつ柔らかそうな肉づきで男女ともに魅了。少女のような透明感をいまだ保ち続けており、テレビや雑誌への出演が減りライブが主な活動となっている現在も、熱烈な支持を送るファンは多い。森高と同じく、ジムのプール通いを習慣化しており、『Mステ』トークで「肩甲骨を動かすことを意識して、バタフライで泳いでいる」と話しタモリをびっくりさせた。

石田ゆり子(45)

 20代の頃から変わらぬ美貌で、ドラマや映画にペースを崩さず出演。原田知世と並ぶ伝説の人である。時折、動画のごく一部——微妙な表情をした一瞬——を切り取ったキャプチャ画像が貼られ「ついに劣化?」と騒がれることもあるが、9月16日に都内で行われた「ホットペッパービューティー」の新CM発表会では、“公開処刑人”佐々木希(27)と二人でステージに登壇しても遜色ないと評判だった。彼女に関しては幼少時から水泳に打ち込み学生時代に国体出場するほどの実力者で、現在もプール通いをしているかと思いきや、ピラティスで大幹を鍛えているという。肌に関しては20代後半から「絶対に肌はこすらない」をモットーにした保湿重視のスキンケアを心がけるようになり、若いときよりも調子が良くなったという。コーヒーや甘いものが大好きで、食事制限はしないが、野菜も多く摂るようにしているそうである。

 ここに挙げた9名の女性たちの容姿で共通するのは、カラーレスなメイクと、薄くならない髪の毛、痩せこけていないふっくらした頬である。

 健康を意識した食生活や長風呂、丁寧なスキンケアに運動……といった美容の基礎を実践していること。そしてもちろん、芸能人であるから肌や髪をプロのエステティシャンやヘアアーティストの手によって頻繁にメンテナンスしていることが前提だろう。一般女性には、そこまで時間もお金も余裕がない。

 しかし「カラーレスなメイク」、これについては、毎日のメイクタイムに研究を重ねれば真似できるのではないか? 具体的には、つけまつげや過剰なまつげエクステ、太すぎるアイライン、濃い色のアイシャドウなどは、彼女たちのイメージから激しく遠ざかる。あくまでナチュラルに、素のまぶたが美しいかのように見せることが、「若作り」にならないコツといえるだろう。
(ルイコスタ松岡)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「特徴」をもっと詳しく

注目ニュース
スポンサーに怒られる!?本田翼が人気紀行番組でまさかの“失言” アサ芸プラス6月26日(月)17時59分
6月23日、日本テレビ系で放送された「anothersky‐アナザースカイ‐」のロケで、スペイン・バルセロナを訪れた本田翼。[ 記事全文 ]
ギャル曽根が「入国拒否」された「大食いとは関係ない」衝撃の理由! アサ芸プラス6月26日(月)17時58分
6月25日の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、大食いタレントのギャル曽根が、空港で、ある衝撃的な理由で入国拒否されたことを明かした。[ 記事全文 ]
「黒船、再来!」リア・ディゾン超えの逸材、アンジェラ芽衣 ついに解禁 オリコン6月26日(月)6時30分
26日発売の『週刊プレイボーイ』28号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに、新人グラビアアイドルのアンジェラ芽衣(20)が大抜てきされた。[ 記事全文 ]
新聞各紙の内閣支持率 なぜ読売と日経は高いのか NEWSポストセブン6月26日(月)7時0分
通常国会の閉会にあたって開かれた安倍晋三・首相の記者会見を聞いて、四半世紀前に一世を風靡したCMの〈反省だけなら猿でもできる〉を思い出した…[ 記事全文 ]
「陰口をいう人」ASKAが以前の仲間を痛烈批判、相手はやはりあの人!? アサ芸プラス6月26日(月)9時58分
謎の組織とのサイバー対決を長々とつづったり、意味不明のポエムを書いたりと何かと話題に事欠かないASKAが、またしてもブログで注目を集める投…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア