菅井友香、“櫻坂46”への思い「また新たに生まれ変わる名前」

9月23日(水)10時12分 マイナビニュース

アイドルグループ・欅坂46菅井友香と原田葵が、21日に放送された文化放送『レコメン!』(毎週月曜〜木曜22:00〜)に出演し、新たなグループ名への思いを語った。

10月のラストライブをもって改名し、新しいグループとして活動することを発表していた欅坂46。20日夜に渋谷駅前の街頭ビジョンにて、新グループ名が「櫻坂46」に決定したことをサプライズ発表した。

10月12日・13日のラストライブをもって、欅坂46としての活動は幕を閉じ、新たに櫻坂46として活動していくことになる。実在する「さくら坂」は東京六本木の「けやき坂」に隣接する縁ある坂で、「櫻」は旧字が採用された。

菅井は「私たちは、10月のラストライブ以降から、櫻坂46へと改名することになりました」と報告し、「先週ちょっと言いそうになりました」とも。そして、「みんなで集まって、新しい色、ロゴ、どういうふうに発表するかとか一斉に聞かせてもらったんです」と明かした。

新グループ名を聞いた印象について、菅井は「『すごく良いな。楽しみだな』と純粋に思いました。同じ木へんということもあって、今までの欅のことも大事にしつつ、また新たに生まれ変わる、期待できる名前」と語り、原田は「欅坂という名前よりはかわいいイメージの名前になったと思いました」と話した。

そして、菅井は「みんな新たな気持ちで出発していくので、応援してください。今まで通り作品をしっかり届けたいし、1人ひとりが個性を発揮できるグループでありたい」と決意表明し、原田は「今まで欅坂として頑張ってきた良さを残しつつ、個々もグループもパワーアップしてファンの皆さんにいろいろなものを届けて、今までの恩返しをしていきたいです」と宣言した。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

マイナビニュース

「菅井友香」をもっと詳しく

「菅井友香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ