西川貴教「変な噂はやめてください」と政治家転身を否定

9月23日(木)6時0分 マイナビニュース

ミュージシャンの西川貴教が22日、都内で行われた「17LIVE」周年イベント「超ライブ配信祭〜4th Anniversary〜」に出席した。
今年でサービス開始4周年を迎えるライブ配信アプリの17LIVEは、ライブ配信業界で最大級のイベント「超ライブ配信祭〜4th Anniversary〜」を開催。毎年1回開催されている同イベントは、様々な部門ごとに日本一のライバー(ライブ配信者)を決定するアプリ内イベントの授賞式となっている。
2021年5月からレギュラー番組としてスタートし、「17LIVE」を大きく賑わせ続けている『西川貴教のニシナナLIVE』から西川が同イベントにプレゼンターとして登場。同番組については「始めてやっと半年という感じですが、楽しく配信をやらせていただいています。僕の中では絵のついたラジオという感じで楽しませてもらっていますよ」と感想を述べ、「こういった形ですので場所や環境を選ばず、初回の放送も地元の滋賀でお伝えしました。本当だったら自分が主催しているイベントの状況や会場の大きさもありますが、中々来れない方にも会場の雰囲気をご覧になっていただきたいと企画していたので、来年は必ず実現できればと思っています」と意欲を見せた。
西川が企画を手掛け、毎年9月に地元・滋賀で開催している音楽フェスティバル「イナズマロックフェス」が今年は中止に。「非常に残念は思いはありますが、逆に僕がやらせてもらっているイベントの性格や信念をたくさんのニュースで扱っていただいたお陰で全国区のイベントになりました。他のイベントと違って、地元の皆さんと作っているお祭りなので、地域の皆さんの安心が担保できないと開催できません」と苦しい心情を明かした。
それでも、「その意思を今回の報道で理解していただけたかなと思っていますので、その分、来年再来年とこれから先、地域の方と結びついてこのイベントの素晴らしさを安心してお届けできたらと思っています」と前向き。地元・滋賀の盛り上がりに一役買っているが、取り沙汰されている政治家への転身については「いやいや、おこがましいですよ。僕らが出来ることは限られていますから。とにかく観光大使を務めさせていただいて13年、これまでなかった地域との結びつきもあるので、僕が出来る範囲で地元を手助け出来たらと思います。変な噂はやめてください(笑)。可能性はゼロです!」と否定していた。
受賞ライバーは以下の通り。
○【シンガー部門】
1位…44koki44
2位…ルイlive
3位…masunari 益生
○【パフォーマンス部門】
1位…カズマッスル
2位…しょーた shota
3位…しぃしぃ Live
○【エンターテイナー部門】
1位…ティナ クロエ
2位…あきぴ。
3位…筋トレあっくん
○【17Award表彰・V−LIVER部門】
1位…カバル_VLiver
2位…むらゆき VLiver
3位…夢叶るあ Live
○【モデル部門・女性】
1位…石原彩香 AYAKA
2位…ayachu
3位…ナミlive
○【モデル部門・男性】
1位…岸田直樹 Naoking
2位…あとぺと atopeto
3位…金子賢
○【17Award表彰・ポテンシャル部門】
1位…小嶋莉榎_kojimarika
2位…ちひろ chi tan
3位…takushika
○【タレント部門】
1位…_千紗都 Chisato
2位…Mihyang 美香
3位…MEG
○【エポスカード部門】
1位…もえぴー moepi
2位…さとのん satonon
3位…じゅな
○【特別部門】
Always17部門…夢浮 mw
LOVE17部門…栗生みな kuryu
Group部門…マキ墳 ミカ墳
○【グランプリ受賞】
最優秀男性1位…岸田直樹 Naoking
最優秀男性2位…金子賢
最優秀男性3位…きゅーさん
最優秀女性1位…小林香菜
最優秀女性2位…ayachu
最優秀女性3位…千紗都
グランプリ1位…岸田直樹 Naoking
グランプリ2位…ayachu
グランプリ3位…千紗都

マイナビニュース

「西川貴教」をもっと詳しく

「西川貴教」のニュース

「西川貴教」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ