欅坂46尾関梨香・菅井友香・田村保乃が公開収録 観客との距離に驚き

9月23日(月)19時46分 モデルプレス

菅井友香、尾関梨香、田村保乃 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/09/23】欅坂46の尾関梨香、菅井友香、田村保乃が23日、東京・有楽町のニッポン放送で「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(毎週日曜23:30〜)の公開収録イベントを開催した。

2016年4月2日にグループ初の冠レギュラー番組としてスタートした同番組(通称:こち星)4回目となる公開収録。番組でも人気のコーナーなどを集まったリスナー、ファンとともに30分番組2週分を収録した。

◆皆勤賞の尾関梨香「5回目も目指します」

公開収録前に、こち録(同番組の公開収録)皆勤賞となり、今年4月より三代目メインパーソナリティを務める尾関は「半年間で学んだことを今日のこち録で思う存分、出しきれたらいいなと思っております」と意気込んでコメント。「ありがたいことに4回目のこち録で皆勤賞なので、ぜひ皆さん、楽しんで帰ってください。5回目も目指します(笑)」と宣言した。

◆菅井友香「そちらの駅に向かいそうに…」

一方、こち録初参加で、「(リスナーと)距離が近くて、お顔がよく見えてびっくりしているんですけど、こち星ファミリーの皆さんと今日をきっかけに、もっと距離がグッと縮まったら嬉しいなと思っています」と目を輝かせた菅井。

隣の局(文化放送)でレギュラー番組を持っている菅井だが「ちょっとそちらの駅(浜松町駅)に向かいそうになったんですけど(笑)、今日はこちら(有楽町駅)で、すごくオシャレな街だなと思って気分も上がっているので、張り切って頑張りたいと思います」と笑顔を見せた。

◆田村保乃「皆さんと一緒に楽しめたら」

同じく初のこち録参加となった2期生の田村は、1度、こち星に出演したそうで「私は2期生の中でも最後から2番目に出演させていただいたんですけど、出る前から2期生のみんなで『ラジオ楽しかったよ』と聞いていたので、リラックスして楽しく臨ませていただきました」と声を弾ませ、その放送でメインパーソナリティを務めていた尾関は「収録のときも楽しんで帰ってくれて嬉しかったですし、今日も来てくれたのでとても嬉しいです」とニッコリ。

改めて、公開収録に臨む心境を尋ねられた際には「(リスナーと)『近い』とは聞いていたんですけど、“こんなに近いのか!”と思うくらい近くて緊張しているんですけど、本当に楽しみなので、皆さんと一緒に楽しめたらなと思います」と期待に胸を躍らせてコメント。もし次回、こち録があった際に連れて来たいメンバー入るか聞かれると、「ここに来るまでに2期生の井上梨名ちゃんと会っていたんですけど、井上が『私もついて行こうかな』って言っていたので、次は連れてきて一緒に出て見たいなあと思います」と語った。

◆「こち星」公開収録の内容は?

この日の模様は9月29日(日)と10月6日(日)に放送予定で、9月29日の放送には尾関と菅井が出演し、MC力を向上させるためリスナーから送られたアイディアを元に“ライブMC”の練習を行い、観客も手にサイリュームを持って雰囲気作りを協力。10月6日の放送には尾関と田村が出演し、メンバーがスマートなオトナとして振る舞えるよう、リスナーから送ってもらった一般常識やマナーを学んだ。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「欅坂46」をもっと詳しく

「欅坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ