滝沢秀明に浴びせられる「アッチも引き継ぐの?」のハレンチな声

9月23日(日)15時30分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



9月10日をもっての解散が発表されたジャニーズ事務所の『タッキー&翼』。


【関連】滝沢秀明の「決意表明」にジャニーズファンが“失望”した真意 ほか


解散に伴い、滝沢秀明は年内で芸能界を引退し、後進の育成や舞台演出などの裏方に専念。メニエール病の治療のため活動を休止している今井翼は事務所を退所し、治療に集中するという。


「発表の翌日、ジャニー喜多川社長が事務所の公式企業サイトにメッセージを公開。滝沢が所属する新グループ会社を、ジャニーズ初のタレント育成の養成所にする構想を明かしました。その中でジャニー社長は『私の意思を継承してくれるタレントを絶え間なく育成する養成所を設立することが永年の夢』、『タレントたちにとって必要な基礎と応用のすべてに対応できる場所をつくりたいと考えて温めてきた構想がいよいよ形になります』とつづっています。これは滝沢がジャニー社長の“イズム”の継承者であり、養成所の“校長”になるという宣言だと受け取れます」(芸能ライター)



ジャニー社長のスゴさを滝沢は引き継げるか?


ようやく後継者が現れたジャニー社長だが、そのスゴさはどういうものか。


「まず挙げられるのは独特のネーミングセンス。メンバーも戸惑うというグループ名はいつも話題になります。そして先見の明。オーディションに参加する男の子の、写真を1枚見ると、大人になったとき、どんな顔に成長するかが分かるといいます。またジャニー社長はナンバーワンシングル最多プロデュース、ナンバーワン歌手最多プロデュース、最多コンサートプロデュースという3つのギネス記録保持者でもあります」(同・ライター)


一方、滝沢も「小さなジャニーさん」と呼ばれ、10代半ばでジュニアのリーダーになり、18歳でドームツアーの構成をするなど、プロデューサーの資質は抜群だ。


一部の“アンチ・ジャニーズ”がネット上で盛んに喧伝し、揶揄している「ジャニーに肉体も精神もすべて捧げた男」「ジャニーの“肉体献上”も引き継ぐの?」などというハレンチな声など気にせず、滝沢には頑張ってほしいものだ。



まいじつ

「滝沢秀明」をもっと詳しく

「滝沢秀明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ