元THE BOOM宮沢和史の長男・氷魚が俳優デビュー 『コウノドリ』新キャストに抜てき

9月23日(土)6時0分 オリコン

TBS金曜ドラマ『コウノドリ』で俳優デビューを果たす宮沢氷魚(C)TBS

写真を拡大

 2015年に解散したTHE BOOMのボーカル宮沢和史とタレントの光岡ディオンの長男で、ファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとして活躍中の宮沢氷魚(みやざわ・ひお 23)が、10月13日スタートのTBS系ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜 後10:00※初回は15分拡大)の新レギュラーとして出演することが決定した。同作で念願の俳優デビューとなる氷魚は「とても光栄で、大きなチャンスをいただいたことを日々痛感しています」と力を込めている。

 本作は、講談社『モーニング』で連載中の鈴ノ木ユウ氏の同名ヒューマン医療漫画が原作で、2015年10月期にドラマ化され、今回が続編。主人公・鴻鳥サクラ役の綾野剛をはじめ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋ら前作のキャストが引き続き出演するほか、新たに佐々木蔵之介、古畑星夏が出演することも発表されている。

 氷魚が演じるのは、ペルソナ総合医療センターの産科をスーパーローテート中の前期研修医・赤西吾郎。赤西産婦人科の息子で、事あるごとに同じ“ジュニア”である四宮(星野)から愛あるムチを受ける。親と同じ産婦人科医になることに抵抗もあり、どの科を選択するのか決めかねているという役どころ。先輩である産婦人科医・四宮とのバトルのような掛け合いもみどころとなる。

 「2世ということで、ほかの人よりスタートダッシュが早く、有利に感じる部分もありますが、実際には“ジュニア”であるが故のプレッシャーや苦悩もあって……」とアーティストを父に持ち“ジュニア”であることに共感できるという氷魚は「そんな“ジュニア”ならではの苦しさも描けたら」と意気込み。

 初のドラマ出演に挑むにあたり、自身も役者経験のある父・宮沢にアドバイスをもらったといい「父も初めて芝居をした時はかなり緊張したと聞いて、少し安心しました」と胸中も明かした。

 また、撮影を通じて「一般的になかなか知られていない産科の事情、産後うつや育児放棄の実態など…。また自分に子供が生まれた時、自分はなにを思い、どう向き合うのかということまで考えるようになりました」といい「『コウノドリ』は多くの母親と家族の喜びや苦悩を描いた素晴らしいドラマです。このドラマを通して僕が演じる赤西吾郎だけでなく、自分自信も成長していけたらなと思います。男女年齢関係なしに、一人でも多くの方に観て頂けると幸いです」と視聴を呼びかけている。

 ドラマの企画を担当する鈴木早苗氏は、抜てき理由に「フレッシュであり、また“ジュニアくん”の空気感をまとってまっすぐ育っている感じ、お芝居でも出せない部分がすごくあるのではないかと思いました。宮沢さんの生来持ち合わせていらっしゃる、そこにいるだけで良いという存在感が、背の高さこそ違うものの原作の吾郎ちゃんにぴったりなのではないかと思い、出演を依頼させていただきました」と説明。

 「イケメン揃いと視聴者に思っていただいているペルソナ男子チームに『次はこの人来たか!!』とワクワクしてもらえるのではないかと思っています」と期待を寄せている。

■宮沢氷魚(みやざわ・ひお)
1994年4月24日生まれ、身長184センチ。アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。幼少期から野球などさまざまなスポーツに勤しみ、スポーツ万能。カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz, UCSC)出身で、その後、国際基督教大学(ICU)に編入し、卒業。趣味は野球、釣りで、特技は陸上、クロスカントリー、サッカー。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮沢和史をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ