「美しい20代」宮本茉由が一日警察署長に「身が引き締まる思い」

9月23日(月)11時56分 オリコン

上野警察署の一日警察署長を務めた宮本茉由。

写真を拡大

 オスカープロモーション主催『第1回ミス美しい20代コンテスト』審査員特別賞で、『CanCam』の専属モデルを務める女優・宮本茉由が22日、上野警察署の一日警察署長を務め、秋の全国交通安全運動イベントを行った。

 宮本は昨年、テレビ朝日系「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」にて女優デビュー、現在は毎週月曜日放送中のフジテレビ系「監察医朝顔」にて鑑識・渡辺英子役としてレギュラー出演中。当イベントは上野恩賜公園内・野外ステージに多くの観客を集めて行われた。団扇やメッセージボード持った宮本のファンも多数イベントに駆けつけていた。

 今回自身初の1日警察署長就任となる宮本は「緊張しましたが、皆さまに交通安全の大切さを改めて伝えることができるいい機会でした」と感想を述べ、警察官の制服を着たことについて「こちらは警察官の中でも署長さんが着られる制服とお聞きしたので、改めて一生に一度しか着ることができないなと思いますし、身が引き締まる思いです」と語った。

 現在、ドラマ「監察医朝顔」に鑑識役として出演中の宮本は、今後について「女優としてまだまだなので、これからもいろんな役に挑戦したいですし、モデルとしてももっと頑張っていきたいと思います!」と意気込みを語った。宮本が出演中の「監察医朝顔」は23日(月)よる9時に最終回の第11話を迎える。

オリコン

「警察署」をもっと詳しく

「警察署」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ