『半分、青い。』永野芽郁が生まれ、“西郷どん”が死んだ日。9月24日の“140年史”

9月24日(月)7時0分 文春オンライン

 NHK大河ドラマ『西郷どん』も昨夜放送の回では鳥羽伏見の戦いが描かれ、そろそろ明治維新を迎えようとしている。折しもきょう9月24日は、141年前の1877年の西南戦争で、西郷隆盛がわずかに残った手勢と籠った鹿児島・城山において、政府軍の総攻撃を受け、ついに自刃した日である(享年51)。


“西郷どん”と『半分、青い』、NHK2大ドラマに縁の深い日


 先ごろ番組ホームページで公開された『西郷どん』最終章のメインビジュアルを見ると、鈴木亮平の扮する西郷隆盛は、まさに私たちのイメージする“西郷どん”そのものだ。これに先立ち、新たな出演陣も発表され、西南戦争で政府軍を指揮した山県有朋を村上新悟が演じることになった。山県は城山を陥落させたあと、西郷の首を検視し、その傑出した才能がこのような運命に遭遇したことに涙したという。一昨年の大河『真田丸』での直江兼続役も記憶に新しい村上が、これをどう演じるのかも気になるところである。






NHKから発表された“西郷どん”最終章のビジュアル




 きょうはまた、いよいよ今週最終回を迎えるNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』の主演である永野芽郁の19歳の誕生日でもある。NHKで放送中の2大ドラマが奇しくもそろって縁のある9月24日には、過去をさかのぼればこのほかにもさまざまな大きなできごとが起こっている。ここでいくつかあげてみたい。


70年前、本田宗一郎がホンダをつくった



ホンダ最初のヒット作「ドリーム」号にまたがる本田宗一郎 ©共同通信社


『半分、青い。』では、ヒロイン鈴愛(すずめ)の幼馴染の律が、1990年代前半に大学でロボット工学を学び、エンジニアの道に進んだ。現実にもちょうどホンダがヒューマノイドロボットの開発を進めていた時期と重なる。


 そのホンダ——本田技研工業が設立されたのは、ちょうど70年前、1948年の9月24日だった。創業者の本田宗一郎(当時41歳)はその2年前から、かつて経営していた会社の跡地にバラックの工場を建て、従業員数人を呼び寄せると、自転車補助用のエンジンの製作を始めていた。これが売れ、従業員も20人を超えたところで工場を株式会社とする。ただし、創立祝いも社長の訓示もなく、およそ創立記念日らしい雰囲気はなかったという( Hondaウェブサイト )。


 本田たちはその後もエンジンの改良を重ねた末、強力なエンジンに見合った耐久力のあるオートバイの製作に乗り出す。こうして翌年8月、ホンダ初の本格的二輪車「ドリーム号」が完成。同時期にはまた本田が藤澤武夫と出会い、販売・経理を託すことになる。やがてホンダは浜松から東京に本社を移し、のちには四輪車市場にも進出して世界的メーカーへと発展した。



45年前、「世界のオザワ」がボストンフィルの音楽監督に就任



 本田宗一郎と藤澤武夫は四半世紀をかけて「世界のホンダ」を築き上げたあと、1973年に勇退する。この年の9月24日、指揮者の小澤征爾(当時38歳)がアメリカのボストン交響楽団の音楽監督に就任した。


 ただ、全米屈指の名門フィルとあって、オファーを受けた小澤は、《この歳で、ボストンを振ったりしていいのだろうか、この先どこを目標にしたらいいかわからなくなっちゃうからさ》と4ヵ月間、悩みに悩んだという(沢木耕太郎『若き実力者たち』文春文庫)。それでも彼は引き受け、じつに29年も務めることになる。「世界のオザワ」はその後も、ウィーン国立歌劇場音楽監督、フランス芸術アカデミーの本会員に迎えられるなど、多くの栄誉に浴した。


 ちなみに小澤はボストン交響楽団に赴任した翌年、長男でのちに俳優となる征悦を儲けている。そういえば、10年前の大河ドラマ『篤姫』で西郷隆盛を演じたのは小澤征悦だった。


Qちゃんのシドニー金メダルも9月24日だった



 栄誉といえば、永野芽郁が1歳の誕生日を迎えた2000年9月24日には、シドニーオリンピックの女子マラソンで高橋尚子(当時28歳)が、当時のオリンピック記録となる2時間23分14秒で優勝している。ゴール後、「とっても楽しい42キロでした」と明るく語った彼女は、翌月には国民栄誉賞も受賞する。


 高橋の出身地は、『半分、青い。』の舞台となった岐阜県である(ただし、高橋は西濃の岐阜市出身、ドラマの舞台は東濃と地域は違うが)。ドラマの撮影中、東京出身の永野は、セリフに出てくる岐阜ことばに苦労したという。それでも何度も口に出して練習するうちに法則をつかみ、最近では、友達との電話でも岐阜ことばが出るほど馴染んだらしい。


19歳になった永野芽郁は『半分、青い。』をどう締めくくるのか



 ここしばらく昭和以前を舞台にした作品が目立つ朝ドラにあって、『半分、青い。』は平成を主な舞台に、こうと思い立ったらまわりが反対しようとも突き進む現代的な女性を主人公としていた。演じる永野は、主人公の鈴愛を素のままで演じられると思っていたが、演技を続けるうちに《私は鈴愛よりもうちょっと冷静かな》と違いも見えてきたと語る(『文藝春秋』2018年8月号)。


 ドラマのなかで永野は、上京してマンガ家になったかと思えば、数年で見切りをつけ、やがて映画監督の卵と結婚・出産するも、けっきょく離婚、一時は帰郷しながら再び上京し、幼馴染の律と再会すると「そよ風の扇風機」の開発に力を注ぎ——と、じつにめまぐるしい人生を演じてきた。鈴愛は劇中で40歳になろうとしているが、実際の彼女はまだ10代ということにあらためて驚かされる。従来の朝ドラのヒロイン像を打ち破るような自由奔放な役を演じきった永野が、この経験を糧に今後どのような展開を見せるのか、楽しみにしたい。



(近藤 正高)

文春オンライン

「西郷どん」をもっと詳しく

「西郷どん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ