子供でも安全に「サバゲー」を楽しめる「レーザークロスシューティング」

9月24日(日)19時3分 J-CASTニュース

レーザー弾は壁や鏡に反射、屋内戦では戦略が変わる!?

写真を拡大

バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、赤外線レーザー銃「レーザークロスシューティング」を2017年9月下旬に発売する。

レーザー弾の飛距離は最大60メートル


「レーザーブラスター」(レーザー銃)につなげられている「ライフコア」(銃の当て的)を胸の中央につけ、レーザーブラスターで相手のライフコアを目がけて打ち合う対戦型トイ。


レーザー飛距離は最大60メートルに達するといい、基本的な遊び方として「赤」と「青」に分かれてのチーム戦、全員が敵になる「バトルロイヤルモード」などを楽しめる。屋外に加え、壁や鏡に反射するというレーザー弾の特性を生かした屋内戦も可能だ。


レーザーがライフコアにヒットすると、内蔵した「ライフゲージ」の色が3段階に変化。計8回ヒットするとゲームオーバーとなる。弾は10発で、なくなった場合はレーザーブラスターを振ると装填(リロード)可能だ。「狙われています」「ゲームオーバー」など10種の音声と効果音を備える。


電源は、レーザーブラスター1丁につき単4形乾電池×3本。


価格は、レーザーブラスターとライフコア2セット「スターターダブルセット」が7800円(税別)、1セット「シングルセット」が3980円(同)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バンダイナムコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ