AKBじゃんけんで優勝した「超無名」コンビ 福井県出身「フォーチュン・チェリー」

9月24日(月)15時37分 J-CASTニュース

「Fortune cherry(フォーチュン・チェリー)」(写真右)は本戦で6戦を勝ち抜いて優勝した。左側はNGT48の2期生16人で結成し、準優勝したユニット「2ki」

写真を拡大

人気メンバーが続々と予選で敗れる波乱が起こっていたAKB48グループ恒例の「じゃんけん大会」本戦が2018年9月23日に東京都内で開かれた。


この日出場した48組の頂点に立って優勝したのは、HKT48の松田祐実(まつだ・ゆみ)さん(16)とAKB48の多田京加(ただ・きょうか)さん(19)によるユニット「Fortune cherry(フォーチュン・チェリー)」。2人とも18年1月に行われた「ドラフト会議」で指名されてデビューしたばかりの、ほとんど無名メンバーだ。2人は副賞としてメジャーデビューが決まっており、AKB48グループの代表曲のひとつ「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)を「超えたい」と意気軒高。これを機に、2人の出身地の福井県のPRも目指す。



「恋チュン」超えで打倒指原目指す



「じゃんけん大会」が開かれるのは今回が通算9回目で、2017年に続き、メンバー同士で相談して「ユニット」を組んで参加する仕組み。本戦には、129組が参加した予選を勝ち抜いた48組が出場した。その中には18年の選抜総選挙上位16人にランクインした須田亜香里さん(26)、田中美久さん(17)、武藤十夢(とむ)さん(23)、向井地美音さん(20)らもいたが、早々に敗退。「Fortune cherry」は、2人が交互にじゃんけんに立ちながら、初戦から決勝まで計6戦を勝ち抜いた。



2人は福井県出身で、松田さんが同郷の多田さんを誘ってユニットを結成。ユニット名の「Fortune」は、福井県の「福」をかけたものだ。「恋チュン」に似たのは偶然だというが、記者に



「あの曲に勝てるっていう期待が...」


と聞かれると、松田さんは



「指原さんの代表曲でもあると思うので、二人で力を合わせて、福井の力もお借りして、地元の皆さんも応援していただいて、頑張れたら」


と、まんざらでもない様子。さらに「目指すは打倒指原さん?」



と煽られ、


「そうですね、おこがましいですけど」

と応じていた。





「どこにあるの?九州だよね?」「それ福岡やん!」



2人のデビュー曲は12月19日に発売予定で、ミュージックビデオも製作される。2人は福井県内での撮影を希望しており、



「福井県はあまり有名じゃないというか、『どこにあるの?九州だよね?』『それ福岡やん!』みたいなのがあるんですが、福井県の魅力を発信できたら」

「人がすごく温かくて自然も豊か。田んぼ田んぼ田んぼ田んぼの中に住んでいて、土日には川に魚をつかみに行っていたぐらいの田舎者なんですけど、それくらい(自然が豊か)。本当に空気もおいしいので、是非皆さん来てください」


などとアピールしていた。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「じゃんけん」をもっと詳しく

「じゃんけん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ