LUNA SEAのフォロワー数が半端ない!! GLAY、凛として時雨…、V系からロキノン系まで多数のバンドが影響を公言

9月24日(土)17時0分 messy

LUNA SEA オフィシャルウェブサイトより

写真を拡大

 凄いバンドの“定義”とは人によってそれぞれあることだろう。単純にCDなどのセールスが凄まじいもの、長い間第一線で活躍し続けているもの、海外でも評価されているもの、フォロワーが多いもの。そしてこのフォロワー数において、日本のロックバンドの中ではLUNA SEAが際立っていると言われている。

 LUNA SEAは89年に現メンバーで結成し、2000年に終幕。2010年にREBOOT(再始動)した。結成初期の頃は化粧をしたりとド派手なビジュアルで活動、所謂ヴィジュアル系と呼ばれ、90年代の日本の音楽シーンを代表するロックバンドとなった。「X JAPANがV系を創造したのなら、V系の型を作ったのがLUNA SEA」とV系界隈では言われており、エンターテイメント性の強いX JAPANに対し、音楽性でファンを魅了していった。

「一般にX JAPANのほうがLUNA SEAよりも知名度が高く、セールスでいうとGLAYやL'Arc〜en〜CielのほうがLUNA SEAよりも随分上です。しかしフォロワー数に関してはLUNA SEAの方がそれらのバンドより圧倒的に多いと言われています。確かに音楽性では海外のメタルバンドの影響が色濃く残るX JAPANや、歌謡曲っぽさなどポップな要素が満載のGLAY・ラルクと比べ、“独自のバンドサウンド”を作り上げたLUNA SEAではかなり違うものがあります。そしてLUNA SEAが作ったその“独自のバンドサウンド”は今ではV系の王道サウンドとして世に浸透しています」(音楽誌記者)

 LUNA SEAに影響を受けたと明言しているメンバーのいるV系バンドは、SIAM SHADE、DIR EN GREY、SOPHIA、SHAZNA、MUCC、雅-MIYAVI、the GazettE、ナイトメア、lynch.、Alice Nineなど挙げていくとキリがないほどだ。また、ほぼ同期の黒夢清春とラルクのhydeはインディーズ時代にLUNA SEAの楽曲『SHADE』をカバーしていたことも。GLAYも影響を公言していて、HISASHIは上京したての頃LUNA SEAのアルバムを聞いて「早くこんなバンドになりたい」と思ってコピーしていたという。



 さらに最近の所謂“ロキノン系”バンドもLUNA SEAの影響を口にしていて、Base Ball Bear、凛として時雨、[Alexandros]、9mm Parabellum Bullet、the telephonesらが公言。ファン同士では仲が悪いとされるV系とロキノン系だが、LUNA SEAがその垣根を取り払っている。2015年に開催されたLUNA SEA主宰によるロックフェス『LUNATIC FEST.』ではX JAPAN、GLAY、SIAM SHADE、DIR EN GREY、MUCCなどが出演する中、凛として時雨、[Alexandros]、9mm Parabellum Bullet、the telephonesなども出演。時代とジャンルの壁を越えたメンバーがLUNA SEAの求心力により集結し、フェスを盛り上げた。

「LUNA SEAがここまでリスペクトされるのは、メンバーそれぞれにカリスマ性があることでしょうね。ボーカルのRYUICHIはソロ名義の河村隆一として、アルバム『Love』を278万枚売上げるなど一般層を取り込んだ幅広い人気を獲得。SIAM SHADEのボーカル・栄喜やSOPHIAのボーカル・松岡充、SHAZNAのボーカルIZAMなどがRYUICHIをリスペクトしています。ギターのSUGIZOはちょっと挙げたらキリがないほど、V系のギタリストは彼を尊敬していますね。ルックスも最強で高須クリニックが集計した美容整形でなりたい芸能人・有名人顔ランキング入りの常連です。もう一人のギターINORANも大人気、凛として時雨のボーカルTKはINORANモデルのギターを買ったことがあり、芸人の狩野英孝はINORANのポーズを真似してよく写真を撮ったりしているそうです。ベースのJのモデルベースは『世界で販売数累計が5万本に達し、世界で最も売れているアーティストモデルのベース』ということからも分かるように、日本国内で彼ほど影響力を持ったベーシストはいないといっていいでしょう。ドラムの真矢はバラエティ番組でよく弄られていることから軽視されがちですけど、SIAM SHADEのドラム・淳士や[Alexandros]のドラム・庄村聡泰は彼に弟子入りしており、演奏の腕はピカイチなのです」(同)

 凄いバンドの定義はさまざまあるが、フォロワー数という括りでみるとLUNA SEAの右に出る者はいないだろう。

(プラント)

messy

「LUNA SEA」をもっと詳しく

「LUNA SEA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ