鈴木おさむ氏「スマステ」最終回“粋な演出”の裏側とは 香取慎吾の優しさも明かす

9月24日(日)18時10分 モデルプレス

鈴木おさむ(C)モデルプレス

写真を拡大

【鈴木おさむ・香取慎吾・スマステ/モデルプレス=9月24日】放送作家の鈴木おさむ氏が24日、ブログを更新。前日に放送された『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系/毎週土曜23:05)を振り返り、番組MCの香取慎吾への思いを綴った。

23日に放送された最終回は、通常どおり東京タワーをバックにスタート。ところが、東京タワーは「スマステカラー」にライトアップされており、香取は「いつも通りにと思ったんですけど、驚きのサプライズが。東京タワーがスマステーションカラーになってます!信じられない!」、「夢が叶っちゃったよ!東京タワーありがとう!大好きです」などと目をうるませながら大興奮だった。

そんな、東京タワーの“粋な演出”について、同番組の構成を担当する鈴木氏は「なんと東京タワーさんからの気持ちで。無料で。最終回に東京タワーをスマステに染め上げてくれて」と同ブログにて紹介。「なんだか。それを見て。いろいろな思い出もこみ上げてきました」「香取慎吾君の番組内での思い。それを聞き。青色に染まっている東京タワーを見ていると。寂しさとか。いろんな気持ちが」など、複雑な胸の内も明らかにした。

◆豪華なゲストは「香取慎吾の品と優しさ」

また、16年間続いた番組について「スマステには本当にいろんな方が毎週出てくれました。他の番組には出ないような俳優・女優さんも。スマステなら!と言って出てくれました。それは、香取慎吾という司会者の品と優しさ。溢れているから。だから、本当にスマステだけなら出ると言ってくれている人も多く」と香取の人間性が豪華なゲスト陣を惹きつけていたことも告白。

さらに、香取とともに番組を続けてきた大下容子アナウンサーに関しても「僕は全局含めて。一番尊敬しているテレビ局アナウンサーです」と絶賛。「毎週土曜日の夜に僕はポッカリ穴の空いたような気持ちになるなぁ。香取慎吾君。大下アナウンサー。16年間。お疲れさまでした」と労いの言葉を送った。

◆香取慎吾の本音

最終回となった699回目の放送の番組エンディングでは、香取と大下容子アナウンサーが2人でトーク。香取は番組終了について「新聞に載ったのを聞いて、『えっ終わっちゃうの』って思ってたんですけど、その後8月12日かな、プロデューサーから終わりますっていうのを聞いて『本当に終わるんですね』って。それから6、7回、あっという間でした。あっという間に今日を迎えて、残念ですよ。とっても残念ですよ、ずっと続けたかった」と本音。

感極まった表情で、「あたらしい道を選んで、進んだことによって、みんなで続けたいと思っていたスマステが終わっちゃうことが申し訳ない」と思いを伝え、「でも本当に感謝です。16年間のスマステは香取慎吾を形成した一つ。本当に感謝しかない」と何度も感謝の言葉を口にした。

また最終回を迎えるにあたり、番組準レギュラーの草なぎ剛から放送直前に連絡があったといい、「さっき草なぎからメール来て『最後頑張ってね』って。吾郎ちゃんは見てるかな、何も話してないです」と笑わせる一幕も。

そしてこれからの活動について、稲垣、草なぎとともに22日開設した、公式ファンサイト「新しい地図」について触れ、「たくさんの力を貸してくれる方々と一緒に作り上げていきたいなって思ってるし、そこに参加してくれるみなさんと、今はまだ真っ白な地図ですけど、大きな地図にみなさんと一緒に作っていけたらなと思います」と宣言。

最後は大下アナと熱い抱擁を交わし、16年の歴史に幕を閉じた。

◆「スマステ」16年の歴史に幕

2001年10月よりスタートし、「スマステ」の愛称で16年間に渡り親しまれてきた同番組。香取と大下容子アナウンサーが毎回ゲストを招き、生活に役立つグッズや行列のできる名店などを紹介。スタジオでのゲストの生試食&お試しコーナーや、香取と大下アナがゲストと繰り広げるトークが人気を集めた。

今年4月には中居正広がゲストとして生出演し、昨年末のSMAP解散後初の共演を果たしたことで話題を呼んだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鈴木おさむをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ