『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出

9月23日(土)23時57分 オリコン

最終回を迎えた『SmaSTATION!!』の収録が行われているテレビ朝日の前に集まる大勢のファン (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 元SMAPの香取慎吾(40)がMCを務め、2001年10月のスタートしたテレビ朝日系『SmaSTATION!!』(毎週土曜 後11:15)が23日、最終回を迎え16年の歴史に幕を閉じた。香取は番組最後に「残念ですよ、本当に残念ですよ」と素直な胸中を明かしつつも、“香取慎吾を作った番組”として感謝し「ありがとう!」と、大きな声でメッセージ。生放送を最後まで全力で走り抜いた。

 番組は、同局の屋上テラスからスタート。香取が「きょうもいつも通りにと思ったんですが、ちょっとしたサプライズが…」と切り出すと、カメラ後方に映る東京タワーが青色に点灯されており「東京タワーさんのご厚意で、東京タワーが『スマステ』カラーになっています! 信じられない!」と大興奮。「もう、のっぽん君ありがとう! 夢がかなっちゃったよね。東京タワーありがとうございます! 大好きです!」と思わぬ“サプライズ”で幕を開けた。

 東京タワーはこの日、午後10時30分から深夜0時30分まで2時間限定でライトアップを『SmaSTATION!!』カラーに。公式ツイッターでも「16年間、東京タワーをバックにコメントして頂いた香取さん、MCの大下さん、そしてこの番組を続けて頂いたスタッフの皆様に感謝の気持ちを込めて」と伝えた。

 その後、スタジオ内に移動。この日のゲストは、香取が主演を務めたNHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)で共演して以来の親友・山本耕史(40)。

 山本もこの日で6回目の登場となりオープニングのあいさつでは「もう、きょうは来てくれて本当にありがとう」と伝える香取に、山本は「キミが呼んだからね」とニヤリ。これに香取が「(最後ということで)ほかのコメントがないのかい!」とツッコむなど和やかな雰囲気の中、番組は進行し、山本がスタジオを出る際には、香取が「最後のゲストは山本さんでよかったです。ありがとうございました」とガッツリとハグした。

 番組が終盤を迎えると、ナレーションを担当した小林克也(76)、長年コンビを組んだ大下容子アナウンサーと3人でトーク。小林も「長い間、ありがとうございました。もう本当に生放送疲れました」と笑わせ、2人へ「お疲れ様でした」とねぎらいの言葉。

 そして、最後に大下アナと2人になると、香取は「スマステが終わるって新聞に載ったって聞いて、『え? 終わっちゃうの?』」とメディア報道で終了を知ったと明かし「8月12日かな。プロデューサーから『終わります』って聞いて」と告白。終わることには「残念です。本当に残念ですよ。ずっと続けたかったし」と思いを明かした。

 視聴者やスタッフに向け「(自身が)新しい道を選んで、新しい道を進もうと思ったことで、みんなで続けたいと思っていた、スマステが終わってしまうことに皆さんに申し訳ないなと」と詫びつつも、「感謝です。この16年、『SmaSTATION!!』という番組をやらせてもらったことで、香取慎吾を形成した作った一つだと思うので、本当に感謝です」と語った。

 同番組は、香取と大下アナが毎回ゲストを招き、生放送で生活に役立つグッズや行列のできる名店などを紹介してきた。15年7月25日に放送600回を迎え、長く親しまれてきた。

 同局では、10月から土曜午後11時台に「デジタル世代の若者をターゲットにした新しいドラマ枠」を新設。三浦春馬主演のドラマ『オトナ高校』(毎週土曜 後11:05〜11:59)の放送が決定している。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京タワーをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ