【AKBじゃんけん大会】指原・峯岸・柏木「サンコン」が4回戦敗退「ホッとした」

9月24日(日)19時18分 オリコン

4回戦で敗退した3人ユニット「サンコン」(左から)指原莉乃、柏木由紀、峯岸みなみ 写真:estudio pepe 神田有希

写真を拡大

■『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会』(24日、日本ガイシホール)
 8回目のじゃんけん大会が初のユニット対決で行われ、指原莉乃(HKT48)、峯岸みなみ(AKB48)、柏木由紀(AKB48/NGT48)の3人組ユニット「サンコン」が4回戦で敗れた。3人は後輩たちを相手に4回戦まで勝ち進んでしまい、勝利するたびに申し訳なさそうな表情。4回戦で代表として戦い、敗れた指原は「正直めちゃめちゃホッとしています」と本音をこぼした。

 サンコンは、それぞれ自慢の部分を露出させた黒の衣装で登場し、Cブロック1回戦で村重杏奈、田中菜津美、秋吉優花、中西智代梨からなるユニット「余り者選抜」と対戦した。まだじゃんけんするメンバーが決まっていないと悩んでいると、「余り者選抜」の村重から「おい、指原来い!」と挑発され、指原と中西が勝負。勝利した指原に対して、大会の開幕宣言を務めたおぎやはぎは「何で勝つんだよ。若い子に道を譲ってよ」と文句を言っていたが、指原は「今回は勝ってもいいメンバー」と笑顔を浮かべた。

 その後、2回戦でSTU48の石田千穂、石田みなみ、門脇実優菜からなる「門石石」と対戦。フレッシュな3人を前に、「こんな3人の差あります?」と自虐した柏木が勝利すると、指原は「これパワハラですよ。でも、みんなの分頑張るから」と声をかけた。

 続いて、明石奈津子、中野麗来、山田寿々、清水里香の4人組「song's」とぶつかり、清水と対戦した峯岸が勝つと3人で苦笑い。ブロック代表を決める4回戦の相手は、矢倉楓子と村瀬紗英のコンビ「ふぅさえ」。指原と矢倉が戦い、矢倉が勝利した。

 2010年に始まったじゃんけん大会はこれまで個人戦で行われてきたが、8回目の今回は、ユニット対決で代表者1名が対戦することに。グループ、先輩・後輩の垣根を超え、メンバー同士が自由に交渉してユニットを結成(ソロも可)し、予備選を突破した48組がこの日行われた本戦に出場。優勝したユニットはCDデビューできる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

じゃんけん大会をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ