西野七瀬、声優業に不安も前向き 『あな番』黒幕から“姫役”への転身も問題なし

9月24日(火)4時0分 オリコン

劇場アニメ『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』と『コルボッコロ』の記者会見に出席した西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 宮崎駿監督の弟子・糸曽賢志監督の初の劇場アニメ『サンタ・カンパニー 〜クリスマスの秘密〜』と『コルボッコロ』の記者会見が23日、都内で行われた。『サンタ・カンパニー』には小籔千豊がゲスト声優として参加し、同時上映の『コルボッコロ』の主演声優は西野七瀬が務めることが発表された。記者会見には2人が出席。これからアフレコに臨むという西野は「ずっと本を読んで、家でもずっとぶつぶつ言っています(笑)。ちゃんと練習したことが生かせて、それが作品になればいいな」と笑顔を見せた。

 『サンタ・カンパニー』と同時上映される『コルボッコロ』は、さまざまな文明や宗教が混在する世界を舞台に、不思議な力を持つ巫女(みこ)の血を継承する14歳の姫・鈴が、自然の精霊・コルボッコロと出会い、自分の在るべき姿を考えて進むべき道を模索していくSFエコファンタジーとなっている。

 西野は「14歳の女の子。お姫様として生まれたのですが(国を)まとめる意識はもってなくて、冒険心があったり、天真爛漫な女の子。ピュアな心も持っていて、物語の中でもピュアな心が関係してきます」と役どころを説明。「主人公が物語を通して成長していく。世界観があまり見たことないような独特な感じで、そういうところが見どころです」と呼びかけた。

 声優業への挑戦は「ほぼ初めて」という西野だが「自分にとっての課題は、鈴ちゃんは明るくて元気っ子な感じなので、私はそういうタイプではないので、そこをどうやって合わせていこうかな」とポツリ。「家にいて、仕事をしていない時はずっとこのことばっかり考えていて、どうしようという不安の方が大きいんですけど、自分なりには練習してきたので、一生懸命作品を作りたいなと思います」と声を弾ませた。

 俳優の田中圭と女優の原田知世がW主演した日本テレビ系連続ドラマ『あなたの番です』では、“黒幕”である黒島を演じていたことから、報道陣から「殺人犯からの切り替えは大丈夫ですか?」との声が飛ぶと「切り替え…はい、大丈夫です」とコメント。MCが「映画に関係ないことは…」と遮ると、小籔は「切り替えられるそうですね。さすが女優さん次の作品へと一歩踏み出しましたよ」と温かくフォローしていた。

 会見にはそのほか、糸曽監督、『サンタ・カンパニー』の主題歌を担当する茅原実里も出席。同作は11月29日から、シネマート新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で公開される。

オリコン

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ