タイ生まれのモデル・チャナナ沙梨奈さん、ミス・グランド・ジャパングランプリに「タイの女優さんと共演するのが夢です」

9月24日(金)23時18分 オリコン

ミス・グランド・ジャパン2021グランプリのチャナナ沙梨奈さん(C)Deview

写真を拡大

 世界的ミスコンテスト「ミス・グランド・インターナショナル(MISS GRAND INTERNATIONAL)」の2021年度の日本代表を選出する大会「ミス・グランド・ジャパン(MISS GRAND JAPAN)2021」が24日、都内で開催され、23歳のモデル・チャナナ沙梨奈(チャナナ・サリナ)さんがグランプリに輝いた。

 「Stop the War and Violence」をスローガンに2013年にタイでスタートしたミス・グランド・インターナショナル。その日本代表を選出するのが「ミス・グランド・ジャパン」。水着審査、イブニングガウン審査を経てTOP20に絞られ、スピーチ審査を経てTOP10、各賞受賞者が決定した。

 グランプリを獲得したのはチャナナ沙梨奈さん。タイ人の母親を持ち、タイの病院で生まれたのだという。「祖母の家があるので、コロナの以前は毎年タイに行っていました。今回タイでお仕事ができるというのもすごく嬉しい」と語るチャナナさん。タイのドラマにハマっていて「女優さんの服装やメイクが凄く好きで、寝ているシーンでさえヘア・メイクバッチリなので、憧れています。今回のグランプリをきっかけに、タイの女優さんに近づけたら嬉しいです」と笑顔を見せた。

オリコン

「グランプリ」をもっと詳しく

「グランプリ」のニュース

「グランプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ