黒柳徹子「ズバッと言えちゃう」 樹木希林さんとの思い出明かす

9月25日(火)17時23分 AbemaTIMES

 タレントの黒柳徹子(85)とビーズ刺繍デザイナーの田川啓二氏が24日、日本橋高島屋で行われた「黒柳徹子×田川啓二コレクション もっとSU・TE・KI!展」内覧会に出席した。


 黒柳と田川氏が個人で集めた貴重な品々を共同展示する同展示会では、黒柳のドレスやアンティーク食器など、600点以上が展示される。


 見どころについて、黒柳は「パンダ、皆さん!」と一言。「これは今回しかお目にかけないんですが、汚いパンダがありますから」と、黒柳がパンダに興味を持つきっかけになった、小学生のときにもらったパンダのぬいぐるみも展示されるという。

 ぬいぐるみについて「私の叔父がニューヨークに行ったとき、アメリカのお土産に買ってきてくれたものなんです。それを子供のころから大事にしていて、戦争中もリュックサックに入れて逃げていた」と当時の思い出を振り返った黒柳。「80年くらい経っているパンダのぬいぐるみを、今回、皆様に見ていただきたくて出展しました」と笑顔を見せた。

 15日に亡くなった樹木希林さんと公私ともに親交が深かった黒柳。樹木さんの人柄について「あの方は変わっていらっしゃる。私も変わっていると言われるけれど、私の比じゃないんです」と明かした。


 「よく希林さんとドラマで共演していたんですけれど、(希林さんに)『あなたのお父さまとお母さま、すごくきれいね』と言われた。『どこで見たの?』って言ったら『写真で見たの』って」とかつての会話を振り返り、「(希林さんに)『あなたは全然似ていないわね』と言われた。そういうことをズバッと言えちゃう人ですから」と希林さんとの思い出を笑顔で語った。

AbemaTV/『AbemaNews』より)


樹木希林さん 家族に見守られながら息を引き取る ▶︎Abemaビデオはこちら

AbemaTIMES

「樹木希林」をもっと詳しく

「樹木希林」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ