TVアニメ『宝石の国』は“生き生き”と“圧倒される”出来に! 黒沢ともよさん、小松未可子さんらが登壇の先行上映会レポート

9月25日(月)22時0分 アニメイトタイムズ

2017年9月24日(日)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、10月7日(土)より放送されるTVアニメ『宝石の国』の先行上映会が行われました。

上映会後にはキャスト陣を代表して黒沢ともよさん(フォスフォフィライト役)、小松未可子さん(シンシャ役)、そして京極尚彦監督が登壇。今作の収録現場の様子や完成した本編を見ての感想などが語られました。 
スタッフ・キャスト陣が感じた『宝石の国』の独特な世界観
講談社「アフタヌーン」で連載中の『宝石の国』は累計部数140万部を誇る人気マンガ。月からやってくる謎の敵「月人」と、不死の身体をもつ「宝石」たちの激しくも美しい闘いが描かれています。

満員御礼となった先行上映会。客席には原作ファンの女性が多く座っていました。儚くも美しい「宝石」たちの物語ということもあり、本作は女性の注目度を伺わせます。

3DCGで描かれた個性豊かなキャラクターたち、緊張感のあるストーリーで観客を釘付けにしたアニメ本編終了後、壇上に黒沢ともよさん、小松未可子さん、京極尚彦監督の3名が登場。一人ずつ挨拶を行いました。

まずは、原作を読んだ感想について聞かれた京極監督は「原作は絵が魅力的で、世界観が観念的。アニメ化する時にはマンガ以上のものにしたかった」と本作に懸けた意気込みについて語りました。 
そして「読む人によってそれぞれのフォス、シンシャが生まれる作品。なので、みなさんの中にあるフォスを一人も殺さずにできたらいい、と必死に考えました」と原作と真摯に向き合ったことを伝えてくれた黒沢さん。

さらに小松さんは「作品自体に伝えたい信念があり、童心に帰ったような想像力が張り巡らされる素敵な作品です」と独特な世界観の魅力について話してくれました。

映像を先に作成し、声を吹き込む“アフレコ”ではなく、声を収録してから映像を作りあげる“プレスコ”という手法が使われた本作。今作の収録について質問されると、京極監督は「声に合わせて動きをつけたので、声優さんの息づかい・雰囲気がそのまま反映できたことが面白かった」とこれまでとは違った手法に手ごたえを感じているようです。 
監督が作品作りでこだわった部分とは
また、黒沢さんは「監督や(原作の市川春子)先生とたくさんお話をしながら、一人格を作っていく行程を丁寧にできた」そう。この経験が自信のある演技につながったとのことです。

本編を見た感想を尋ねられた小松さんは「こんなに生き生きとしてるんだって、圧倒されました」と興奮気味に語ってくれました。 
続いて、作品のこだわった部分を質問された京極監督「マンガで一番表現しにくい、宝石の美しさ。そして人間ではない、無機質なキャラクターに感情移入できるようにしたいと考えました」と回答。

また、“プレスコ”で声優の演技からキャラクターを作りあげることができたことも良かったそうです。さらに、本作は3DCG作品でありながら、背景を手描きで作りあげるなど細部にもこだわっているそう。

こういったデジタルの中にアナログを取り入れることで、他の作品とはまた違った、視覚的な面白さが感じられるようです。

その他にも、世界観を統一するために「(キャラが)走っても息をしない」「吐息っぽい部分は外す」といった細かな工夫についても語られました。



OPテーマ、そして追加キャストが発表に!
その後、黒沢さんが「監督から1話は『自由にやってください』と言われたけど、2話では『自由にやり過ぎです』と言われた」というエピソードを披露。

京極監督は黒沢さんの演技について「息づかい・テンポが型破り。自由な感じができたかな、いい意味で」と話しました。 
そして、追加情報としてオープニングテーマがYURiKAの「鏡面の波」に決定し、公式サイトでアニメMVが解禁されることが明らかに。加えて、新たにウォーターメロントルマリン役に原田彩楓さん、ヘミモルファイト役に上田麗奈さん、スフェン役に生天目仁美さん、ペリドット役に桑島法子さんが決定したことが伝えられました。



最後に「最後まで意欲作として打ち出していけたらと。最終話までご覧になっていただけたらと思います」と京極監督、「子どもの頃に返って、初めて触れるような物語であると思います。そういった意味でも『宝石の国』という作品に沈んで、溺れて、浸っていただきたい」と小松さん、最後に「多くの人に見ていただいて、多くの人に愛していただければ、私は本当に幸せです」と黒沢さんが挨拶。大きな拍手に包まれながら、イベント終了となりました。 
[取材・文/冴島友貴]


作品情報
■TVアニメ『宝石の国』


●放送情報
10月7日よりTVアニメ放送開始!
★TOKYO MX:毎週土曜22:00〜
★MBS:毎週土曜26:38〜
★BS11:毎週土曜23:00〜
★AT-X:毎週土曜21:30〜
※放送時間は変更になる可能性もございます。

●STAFF
原作:市川春子「宝石の国」(講談社『アフタヌーン』連載)
監督:京極尚彦
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:西田亜沙子
CGチーフディレクター:井野元英二
コンセプトアート:西川洋一
色彩設計:三笠 修
撮影監督:藤田賢治
編集:今井大介
音楽:藤澤慶昌
音響監督:長崎行男
制作:オレンジ

●CAST
フォスフォフィライト:黒沢ともよ
シンシャ:小松未可子
ダイヤモンド:茅野愛衣
ボルツ:佐倉綾音
モルガナイト:田村睦心
ゴーシェナイト:早見沙織
ルチル:内山夕実
ジェード:高垣彩陽
レッドベリル:内田真礼
アメシスト:伊藤かな恵
ベニトアイト:小澤亜李
ネプチュナイト:種﨑敦美
ジルコン:茜屋日海夏
オブシディアン:広橋涼
イエローダイヤモンド:皆川純子
ユークレース:能登麻美子
アレキサンドライト:釘宮理恵
ウォーターメロントルマリン:原田彩楓
ヘミモルファイト:上田麗奈
スフェン:生天目仁美
ペリドット:桑島法子
金剛先生:中田譲治 

>>http://land-of-the-lustrous.com/ (TVアニメ「宝石の国」公式サイト)
>>https://twitter.com/houseki_anime (TVアニメ「宝石の国」公式Twitter(@houseki_anime))
>>https://instagram.com/houseki_anime (TVアニメ「宝石の国」公式インスタグラム)

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宝石をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ