高橋真麻が極太松茸を手におしゃぶり顔!「狙いすぎ」とツッコミ殺到

9月25日(火)5時58分 アサ芸プラス

 フリーアナの高橋真麻が意味深すぎる写真をブログに投稿し、男性ファンから驚きの声が上がっている。

 問題のショットは9月20日のブログ「凄い松茸!」で公開されたもの。1枚目の写真で真麻は松茸でいっぱいになった大きなザルを手に歓喜の表情を見せている。

 問題は2枚目。その松茸の中から長さ23センチ前後、傘の部分が直径8センチ、茎が直径5センチはありそうな巨大松茸を手に持ち、やはりうれしそうな顔をしているのだ。

「まず松茸の持ち方が艶っぽい(笑)。茎の中央部分を親指、人差し指、中指の指先でそっと支えているんです。松茸はグッと反るような形で、別のものを連想させますね。さらに真麻がお口を大きく開けて“おしゃぶり顔”をしているのが意味深です」(週刊誌記者)

 男性ファンからは「どうやっても夜のおしゃぶりシーンを想像してしまう」「真麻の口が艶っぽすぎる」との声が上がっている。

「それ以上に『狙いすぎだ』とのツッコミがいくつも上がっています。真麻はブログがネットニュースになるのを喜ぶコメントをしている。ニュースやプチ炎上を狙っている節があります。今回の写真もそれを狙っているのかもしれません。さすがにファンはお見通しのようです」(前出・週刊誌記者)

 真麻は話題を提供しようとしたのだろう。こんな艶っぽい話題作りならファンも大歓迎に違いない。

アサ芸プラス

「松茸」をもっと詳しく

「松茸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ