松岡茉優がTIFFアンバサダーに就任、「樹木さんのような存在になりたい」|第31回東京国際映画祭ラインナップ発表会

9月25日(火)16時18分 映画ランドNEWS

東京国際映画祭

第31回東京国際映画祭ラインナップ発表会が25日、都内・虎ノ門ヒルズフォーラムにて行われ、アンバサダーの松岡茉優らが登壇した。


東京国際映画祭
(左から)湯浅政明監督、阪本順治監督、松岡茉優、、今泉力哉監督

2018年10月25日(木)〜11月3日(土・祝)の期間にて、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ、EXシアター六本木、ミッドタウン日比谷ほか会場で開催される本映画祭。


半世界
『半世界』(C)2018「半世界」FILM PARTNERS

コンペティション部門の『半世界』(阪本順治監督)、『愛がなんだ』(今泉力哉監督)をはじめ、日本映画スプラッシュ部門に『銃』ほか、特別招待作品には『アリー/スター誕生』(オープニング作品)、『人魚の眠る家』(GALAスクリーニング作品)、『GODZILLA 星を喰う者』(クロージング作品)、『ギャングース』、『女王陛下のお気に入り』、『jam』、『旅猫リポート』、『ハード・コア』、『PSYCHO-PASS サイコパス Siners of the System Case.1「罪と罰」』、『Case.2「First Guardian」』などがラインナップ。


孤狼の血
『孤狼の血』(C)2018「孤狼の血」製作委員会

日本映画の大きな可能性を発信する部門「Japan Now」では、映画俳優・役所広司を特集。続編の製作が決定している『孤狼の血』をはじめ、『キツツキと雨』、『Shall We ダンス?』などがラインナップ。さらに、『カメラを止めるな!』、『パンク侍、斬られて候』、『万引き家族』、『リバーズ・エッジ』ほか話題作が揃った。(一部のみ抜粋、詳しくは公式サイト:2018.tiff-jp.net/まで)。


松岡茉優
松岡茉優

会見には、第31回東京国際映画祭アンバサダーに就任した松岡茉優をはじめ、コンペティション部門より『半世界』阪本順治監督、『愛がなんだ』今泉力哉監督、岸井ゆきの、アニメーション特集「アニメーション監督 湯浅政明の世界」湯浅政明監督らが登壇。


30回東京国際映画祭にて観客賞を受賞(コンペティション部門)した『勝手にふるえてろ』で映画初主演を果たした松岡。「若手の力を示せるように頑張りたいと思います!昨年の第30回で新設された“東京ジェムストーン賞”を受賞して、せっかく第1回の賞に選んでもらったからには、1年間その賞がもっと華やいだものになるために邁進してきたので、その1年後にアンバサダーになれるとは…自信が持てました!」と喜びをあらわにした。


松岡茉優
松岡茉優

さらに、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて最高賞“パルムドール”を受賞した『万引き家族』が上映されることにも、松岡は「嬉しいですね!しかしながら、私の初めての国際映画祭は“東京国際映画祭”なんです(笑)カンヌにも行ってレッドカーペットを歩きましたが、(東京国際映画祭は)アットホームさがあって『映画が大好きだぞ!』って人たちの“肩を組んでるような”熱量があって、カンヌにも負けてないと思います!」とコメントした。


松岡茉優
松岡茉優

また、『万引き家族』で共演し、亡くなられた樹木希林さん(75歳)へ「樹木さんとの思い出は…それはそれはたくさんあって、宝物です。“悲しいな”って気持ちはあまりなくて、『万引き家族』の中で一度お別れをしているのですが、“ありがとう”もたくさん言えたし…私にとっては“二度目のお別れ”のような感じがしています」と想いを綴る。


続けて、「樹木さんの作品をたくさん観れる時代に生まれて…そして私が新しい時代につないでいく役目として、この時代に生まれたことに誇りを持っていきたい。もっと勉強して、樹木さんのような存在になりたい」と真摯にコメントした。


MCから「アンバサダーの就任、希林さんが聞いたらどう思いますかね?」と聞かれると、「『また髪型とかこだわるんでしょ?』って言うかな?私が見た目を気にしていることをいつも言ってくださるので(笑)」と笑みをこぼしていた。


第31回東京国際映画祭は2018年10月25日(木)〜11月3日(土・祝)に開催


会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場ほか

公式サイト:2018.tiff-jp.net/


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「松岡茉優」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「松岡茉優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ