『小説の神様』橋本環奈が繊細な演技魅せる、雨にはしゃぐオフショットも

9月25日(金)22時29分 映画ランドNEWS

10月2日(金)公開の映画『小説の神様 君としか描けない物語』。大雨のなか繊細な演技を魅せる、主人公のドSな売れっ子小説家・小余綾詩凪を演じた橋本環奈の写真が解禁となった。


小説の神様


『HiGH&LOW』シリーズで知られる久保茂昭が監督を務める本作。“一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを成し遂げるため、文章を一也(佐藤大樹)、プロット部分を詩凪(橋本環奈)が担当するという役割で小説を書き進めていく2人。今回解禁されたのは、傑作のプロットを思いついた詩凪が、早く一也に教えたいとの思いで大雨のなか一也の家へと飛び出した場面。大雨でびしょ濡れになりながらも駅で一也を待つ詩凪の姿に、小橋本環奈説に対する詩凪の純粋で熱い思いが伝わる印象的なシーンだ。


小説の神様


また、カメラが回っていない時には両手を上げて大雨に向かうお茶目な橋本のオフショットも公開。知的で気が強いキャラクターの詩凪とのギャップのキュンとする一枚となっている。



映画『小説の神様 君としか描けない物語』は10月2日(金)より全国ロードショー


(C)2020映画「小説の神様」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド

映画ランドNEWS

「小説」をもっと詳しく

「小説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ