乃木坂46・堀未央奈、映画初主演『ホットギミック』2019年公開

9月25日(火)6時0分 クランクイン!

堀未央奈、映画『ホットギミック』に主演(C)桑島智輝

写真を拡大

 乃木坂46堀未央奈が、2019年公開の映画『ホットギミック』で映画初出演にして初主演を務めることが発表された。3人の男性との恋に揺れるヒロイン・初を演じる堀は「初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです」と語っている。 本作は、累計販売部数450万部を超える相原実貴による同名コミックを、『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督のメガホンで実写映画化したラブストーリー。堀演じる初(はつみ)に恋心を抱く3人の男性陣には、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗がキャスティングされている。

 女子高生の初(堀)は兄・凌(間宮)と妹・茜と両親と暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(清水)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回される。そんな時、数年前に引っ越していった幼馴染・小田切梓(板垣)が帰ってきた。梓が昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と惹かれてゆく。亮輝に邪魔をされながらも、梓と付き合うことになる初だったが、実は梓にはある目的が。さらに、初は凌の秘密を知ってしまう…。

 山戸監督が乃木坂46の14枚目のシングル『ハルジオンが咲く頃』のMVを手掛けた際に、堀のみずみずしい存在感が印象に残ったため、映画初出演にも関わらず、今回いきなりの主演に抜てきされた。

 堀は「映画は初主演と言う事で不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです」と心境を吐露。山戸監督について「今回、撮影が始まる前に2人でじっくり話せる機会がありました」と話すと、続けて「この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな? と、思っています」と全幅の信頼を寄せている。

 山戸監督は、「たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています」とコメントしている。

 映画『ホットギミック』は2019年全国公開。

クランクイン!

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ