吉岡里帆、“完売”話題のイベントでファンと交流<フォトブック「13 notes#」>

9月25日(月)23時9分 モデルプレス

握手会を開催した吉岡里帆(提供写真)

写真を拡大

【吉岡里帆/モデルプレス=9月25日】女優の吉岡里帆が17日、都内にてコンセプトフォトブック「13 notes#」(東京ニュース通信社)の発売記念握手会を開催した。

同ブックは、主に「blt graph.」での連載「if〜イフ〜」をまとめたもので、子供のころから映画が大好きだった吉岡が、名作映画のヒロインをオマージュしたものを12企画、さらに素の吉岡を堪能できる撮り下ろしカットを1企画、計13企画を掲載。また自らの生い立ちや、女優になってからの心境、今後の展望について語ったスペシャルインタビューも詰まった一冊に。週間写真集ランキング(2017年9月11日〜17日)では1位を獲得した。

◆“完売”が話題に 

またフォトブックに同イベントの整理券が付いたセットは7月19日に発売されたが、その人気からイベント券2000部が約1日で完売してしまったことも話題に。追加200部も1〜2分で完売した。当日は、台風の影響で雨の中での開催となったが、握手会イベントにはたくさんのファンが詰めかけ、吉岡との交流を楽しんだ。

イベント終了後、今回のフォトブックについて「スタッフのみなさんと一緒に、一つひとつの映画作品と真面目に向き合って撮影しました。それぞれのヒロインの表情や仕草を懸命にオマージュしたので、その瞬間でしか撮れないカットがたくさん詰まった一冊に仕上がっていると思います」と自信をのぞかせた吉岡。お気に入りの作品については「マリリン・モンロー(『七年目の浮気』)は写真の質感、『ガールファイト』はスタッフのチームワーク、『ブラック・スワン』はライティング……それぞれに特別な思い入れがあって、選べません(笑)」と頭を抱えた。

◆ファンへメッセージ

また、「今日はあまりにたくさんの方が応援の言葉や思いを伝えてくださって、うれしすぎて途中感極まって泣きそうになりました。悪天候のため来られなかった方もいらしたのが残念で、また会いましょうと伝えたいです。今、いろいろなお仕事にチャレンジできるのは、ファンのみなさまから夢やチャンスをいただいているからです」と感謝を述べ「いつも応援してくださって、本当に感謝しております。これからもおもしろい写真をお届けできるよう精進するので、ついてきて下さいね」とファンにメッセージを送った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

吉岡里帆をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ