アーケード版「ストV」開発、コントローラー持ち込みOK

9月25日(火)13時45分 ナリナリドットコム

カプコンは、人気対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの最新作「ストリートファイターV」のアーケード版開発を決定した。2019年、タイトーよりリリースする。

「ストリートファイター」シリーズは、1987年にアーケードゲームとして第1作目を発表後、1991年発売の「ストリートファイターII」において大ヒットを記録。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計4100万本(2018年6月末時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームの金字塔を樹立している。

最新作となる「ストリートファイターV」は、2016年2月の発売から、追加キャラクターや様々なコンテンツを配信し、2018年1月にアーケードモードや多数の機能を追加「ストリートファイターV アーケードエディション」(以下「スト V AE」)に生まれ変わり、今なお進化をし続けている。

今回のアーケード版「ストリートファイターV」では、「ストV AE」に追加されたキャラクターが標準ですべて使用可能。さらに、コントロールパネルに搭載されたUSB端子に接続し、自身で持ち込んだコントローラーでもプレイが可能だ。

ナリナリドットコム

「コントローラー」をもっと詳しく

「コントローラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ