生駒里奈、世界に一つだけの衣装に感激 「ストレッチマン」シリーズ初登場

9月25日(火)14時17分 オリコン

宇宙カタツムリ型アンドロイドの衣装をまとった生駒里奈(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 元乃木坂46のタレント・生駒里奈(22)が25日、東京・渋谷のNHKでEテレの新番組『ストレッチマン・ゴールド』(10月11日スタート、毎週木曜 前9:00〜9:10)の出演者発表会見に出席した。

 体を動かす楽しさを伝える「ストレッチマン」シリーズとして、1994年『グルグルパックン』から25年の歴史がある。新番組では、地球を守る真のヒーローを目指す新米ストレッチマンの「ゴールド」役に俳優・結城洋平、彼をサポートするストレッチマン「レジェンド」役に初代ストレッチマンとして20年以上活躍してきた宇仁菅真、そして、宇宙カタツムリ型アンドロイドの女の子「マイマイ」役で生駒が出演する。

 生駒は「私は1995年生まれなので、生まれる前からの大先輩でもある初代ストレッチマンと一緒に番組に携われて、とても光栄。私もうれしいんですが、母の方がより喜んでいました。私も学びながら子どもたちにもしっかりと伝えられるような人になりたいな、と思います」と、モチベーションもしっかり。カタツムリ型の衣装は、「いままでで一番着替えに時間がかかる」としながらも、「世界に一つだけの衣装なので大好きです」と話していた。

 舞台を中心に活動してきた結城にとってもゴールド役はいままでにない挑戦ばかり。「子どもの頃から観ていた番組に、ストレッチマンとして携われることをうれしく思っています。(収録が始まってからも)ワクワクしています。宇仁菅さんの偉大な背中を追いかけながら、真のヒーローになれるようにマイマイからも学びながら、成長していけたら。結城洋平としても特別支援学校の子どもたちと一緒にストレッチをしたり、触れ合ったりする仲で学んだことを伝えていけるようになりたい」と話していた。

 同シリーズに4年半ぶりに復帰した宇仁菅は、「結城さんは人柄も良く、明るくて素直。自分なりのストレッチマン・ゴールドを作っていってくれたら。マイマイ(生駒)も新しいキャラ見つけていただければ。それぞれ新しいキャラクターに、私もですが挑戦していけたら」と若い二人を励ましていた。

 番組では、地球を守る真のヒーローを目指しているが、まだ地球の文化に不慣れなゴールドが「生活スキル」を学び、そのスキルで特別支援学校を襲う“怪人”を倒していく。さらにスキルの獲得に合わせた体の動かし方を子どもたちに“あそび”として紹介していく。各話で学ぶ生活スキルには、「よくかんで食べよう」「スプーンとフォークを使い分けよう」「しっかり手洗いしよう」「食べたらみがこう」など、3月まで全10回放送予定。

オリコン

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ