【青天を衝け】第28回見どころ 慶喜から最後の命令「日本のために尽くせ」

9月25日(土)13時50分 オリコン

『青天を衝け』第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」より(C)NHK

写真を拡大

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」が、あす26日に放送される。

 前回、篤太夫(吉沢)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸にいる昭武(板垣李光人)のことを思って辞退する。しかし、この命が慶喜(草なぎ剛)の配慮であることを大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をする。篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。駿府藩の財政改革に乗り出す。一方、箱館では、成一郎(高良健吾)や土方(町田啓太)らが新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていた。

 今回、新政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫は、直接断るため東京へ向かう。篤太夫は、伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ね、早速辞任を申し出るが、大隈は“なぜ今新政府に、君が必要なのか”と立て続けに話し、篤太夫は完全に言い負かされる。

 一方、慶喜は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す。

オリコン

「青天を衝け」をもっと詳しく

「青天を衝け」のニュース

「青天を衝け」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ