プレイバック平成6年 松本サリン、同情するならカネをくれ

9月25日(火)16時0分 NEWSポストセブン

この年放送された『家なき子』。「同情するならカネをくれ!」の名せりふも流行語に

写真を拡大

 平成とはいったいどんな時代だったのか──。平成最後の年に、「平成6年」に起きた出来事や流行を振り返る。


 記録的猛暑が続いたこの年、東京では39.1℃と41年ぶりの最高気温を記録。西日本では深刻な水不足が続いた。自然災害ではほかにも北海道東方沖地震、三陸はるか沖地震等が相次いで発生。


 4月、名古屋空港において中華航空機が着陸に失敗。墜落炎上事故による被害は死者264人、負傷者7人。1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故に次ぐ大惨事となった。


 6月27日深夜、長野・松本市の住宅街で住民がガス中毒症状を訴えるなどし、8人が死亡。約600人が重軽症。現場からは猛毒の神経ガス「サリン」が検出された。翌年3月の地下鉄サリン事件によって、松本サリン事件もオウム真理教の犯行だと明らかになる。


 7月、日本人女性初の宇宙飛行士・向井千秋さんがスペースシャトル『コロンビア』で宇宙へ出発。飛行14日と18時間、地球を236周して帰還した。


 国外では4月、ルワンダで集団虐殺事件が発生。約80万人が犠牲となった。そのほか7月には、北朝鮮の金日成主席が82才で死去。長男・金正日書記が権力を継承。


 芸能界ではビートたけしが東京・新宿区内で原付バイクを運転中にガードレールに衝突。重傷を負った。退院時には顔面に麻痺が残る姿で記者会見に出席し、お茶の間に衝撃を与えた。


 高視聴率ドラマ『家なき子』で一躍売れっ子となったのが当時12才だった安達祐実。「同情するならカネをくれ!」の名せりふも流行語に。また、田村正和演じる主人公の警部補・古畑任三郎がユーモア溢れる会話と卓越した推理力で犯行を暴いていく人気推理サスペンスドラマ『警部補・古畑任三郎』(フジテレビ系)もこの年スタート。


 ゲーム機『プレイステーション』(ソニー)、『セガサターン』(セガ)が発売され大ヒットした。


【平成6年の主な出来事】

4月7日  ルワンダで虐殺が発生。約100日間で80人程が殺される

4月16日  ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)放送スタート

4月26日  名古屋空港で中華航空機の着陸事故発生

5月1日  F1ドライバーアイルトン・セナがレース中に事故死(享年34)

6月27日  長野・松本サリン事件発生

7月8日   向井千秋さんがスペースシャトル『コロンビア』で宇宙へ出発

8月2日   ビートたけしが原付バイクで事故。9月末に退院

10月13日  作家・大江健三郎がノーベル文学賞を受賞


※女性セブン2018年10月4日号

NEWSポストセブン

「サリン」をもっと詳しく

「サリン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ