佐々木蔵之介、主演ドラマ『黄昏流星群』打ち上げ会場が異例の“海の上”に

9月25日(火)16時0分 週刊女性PRIME

黒パーカーに白Tシャツとラフな格好で終始楽しげそうだった佐々木蔵之介  

写真を拡大



「夕方からどしゃぶりの雨が降っていましたが、主要キャストの方たちも出席してくれて豪華な会になりましたよ」(参加者のひとり)

 9月中旬のある夜、ドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系)の打ち上げが行われた。

 同作は、10月11日から放送がスタートする大人のラブストーリー。

「原作は、'95年から弘兼憲史さんが『ビッグコミックオリジナル』という雑誌で連載している大ヒットマンガ。佐々木蔵之介さん演じるまじめなエリート銀行員が、妻役の中山美穂さんと倦怠期を迎える中、黒木瞳さん演じる女性と禁断の恋に落ちてしまうという物語です。

 主要キャスト3人のほかに、ジャニーズWESTの藤井流星さんや石川恋さんなど、勢いのある若手が脇を固めていますよ」(テレビ誌ライター)

■打ち上げ会場はなんと



 主演を務める佐々木が、この作品にかける思いは非常に強かったようで、

「原作が大ヒットしたマンガということもあって、原作ファンをガッカリさせないように少しでもおもしろいものにしたいと意気込んでいました。佐々木さん自ら、スタッフに“こうしたらもっとよくなるんじゃないですか”と積極的に提案していたそうですよ」(芸能プロ関係者)

 放送開始前にひと足早く打ち上げが行われていたようだが、通常、ドラマの打ち上げ会場といえば、ホテルの宴会場やレストランが定番。

 しかし今回は……なんと屋形船を貸し切って行われた。

「都内の船乗り場にシャトルボートが送迎に来て、隅田川をクルージングしながらお台場の海上に止まっている屋形船で宴会を行うスタイルです。船のデッキから眺めるイルミネーションがきれいだと非常に好評ですよ」(グルメ誌ライター)

 当日はあいにくの天気だったが、会のスタートを前に佐々木や八木亜希子らがやってきた。集合時間の少し前には、黒木が送迎の車に乗って登場。



「黒木さんが来たときはちょうど雨がピークだったので、車から降りるとちょっとビックリしていました。でも、スタッフには笑顔で挨拶していましたよ」(前出・参加者)

 午後10時過ぎに会が終了。2時間ほどの宴を楽しんだ一行が、再び行きと同じ船乗り場に到着すると、参加者たちが続々と外に出てきた。解散する前には、佐々木がこんな律義な一面を見せる場面も。

「タクシーで帰る人たちのもとに小走りで駆け寄って見送りをしていました。笑顔を浮かべながら手を振っている姿を見る限り、すごく楽しかったんでしょうね」(別の参加者)

 どしゃぶりの雨もなんのその! どんなときでも笑顔を忘れない佐々木が率いる“流星群”チームが、どんな物語を見せてくれるのだろうか。放送が今から待ち遠しい!

週刊女性PRIME

「黄昏流星群」をもっと詳しく

「黄昏流星群」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ