「スーパーマリオ」クリス・プラット、ひとまず「イッツミー、マーリオ!」と言ってみるコメント映像を公開

9月25日(土)14時22分 THE RIVER

ハリウッド版アニメ映画スーパーマリオでマリオ役を演じるクリス・プラットが、キャスティング発表にあたってのコメントをInstagramにて公開した。ゲームでおなじみのフレーズ、「イッツミー、マーリオ!」を早くも口にしているが……?

この投稿をInstagramで見る

chris pratt(@prattprattpratt)がシェアした投稿

公開した映像の中で、クリスは「子どものころ、ワシントンのレイクスティーブンスに住んでいて、家の近くにはコインランドリーがありました。そこに『スーパーマリオブラザーズ』があった。最初のアーケードゲーム版で、それが大好きだったんです」と思い出を語っている。

「(プレイするための)25セントを持っていなかったから、願いごとの井戸からよく盗んでいました(笑)。すごいな、いま気づいたけど、『スーパーマリオブラザーズ』をプレイするために、願いごとの井戸から盗んだ25セントが、願いを叶えてくれたんだ…。もちろん、僕は誰かの願いごとを盗んだわけだから、因果応報が自分に降りかかるのを待っていますよ。

とにかく、今のところは、“イッツミー、マーリオ(僕がマリオだ)”……こんな声じゃないですね。声を聞いてもらうのはまだお楽しみですが、一生懸命に準備していますし、(出演を)お知らせできるのが本当にうれしいです。子どものころ、遊びたいと思っていたビデオゲームの声をやれる。夢が叶いました。」

クリスは「スーパーマリオ」に個人的な思い入れがあるようで、言葉の端々には喜びの感情がにじみ出ている。『LEGO ムービー』シリーズや『2分の1の魔法』(2020)で声優業もこなしているクリスが、どんなマリオを見せてくれるのか。ちなみに、弟・ルイージの声を務めるチャーリー・デイは、『LEGO ムービー』シリーズでクリスと声優として共演済み。同作を手がけたクリス・ミラーは、二人の「スーパーマリオ」進出を記念して、こんな画像を投稿している。

クリス、チャーリーのほか、声優にはアニャ・テイラー=ジョイがピーチ姫役、ジャック・ブラックがクッパ役、セス・ローゲンがドンキーコング役、キーガン=マイケル・キーがキノピオ役、フレッド・アーミセンがクランキーコング、セバスティアン・マニスカルコがブラッキー役、ケビン・マイケル・リチャードソンがカメック役として出演。ゲーム版でマリオの声を担当したチャールズ・マーティネーも役柄不明ながら登場する。監督は『ティーン・タイタンズ・ゴー!トゥ・ザ・ムービーズ』(2018)のアーロン・ホーバスとマイケル・ジェレニック、脚本は『ミニオンズ フィーバー』(2022)のマシュー・フォーゲル。

ハリウッド版アニメ映画「スーパーマリオ」(正式タイトル未定)は2022年12月21日に米国公開予定。


THE RIVER

「スーパーマリオ」をもっと詳しく

「スーパーマリオ」のニュース

「スーパーマリオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ