カンニング竹山が語る、若くして事務所から独立したヒロミの凄さ

9月26日(水)21時0分 AbemaTIMES

 22日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 番組では同日に放送された『キングオブコント2018』(TBS系)で、“優勝すると思われる芸人”にあらかじめオファーしてスタジオへ招集。しかしスタッフの予想は当たらず、優勝したハナコ以外の5組の芸人たちがスタジオに登場した。


 さらば青春の光・森田哲矢は「個人事務所なんですが、今後どの事務所に媚びればいいですか?」という切実な悩みを竹山に打ち明ける。さらば青春の光は過去に松竹芸能に所属していたが契約を解除され、個人事務所を設立している。

 現在事務所はさらば青春の光の2人とマネージャー1人という体制で運営しているそうで、竹山は「それで成功するのが1番いいよね」と。


 「なかなか難しいよ、芸能界のルールがあるから」と現実的にはハードルが高いとしながらも「それが1番、実はコッチ(収入)もいいし、いろんなこともいいわけよ」とメリットを説明した。


 お笑いの世界ではレアケースだと語る竹山は「さかのぼると、ヒロミさんくらいになる」と明かす。人力舎を辞めて個人事務所で活動しているヒロミだが「仁義を通してちゃんとやってる」と、筋を通して独立をしたと解説。


 ちょうど先日、竹山はヒロミとこのことを話していたそうで「あの人ね、26か27(歳)なのよ」と若くしての独立だったことを明かすと、森田は「スゴいな!!」と思わず声を上げる。


 また竹山は、3人体制ならば収入も3等分すればよいとして「それで売れると3人がWin-Winだよね、それが1番いいよね」と理想の成功の形ついて語った。


▶︎【無料配信中】カンニング竹山の土曜The NIGHT#33 来るか?キングオブコント覇者


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「カンニング竹山」をもっと詳しく

「カンニング竹山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ