阿部サダヲ&吉岡里帆が青空の下で歌い叫ぶ! 『音タコ』主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」MV&メイキング映像解禁

9月26日(水)18時0分 AbemaTIMES

 10月12日(金)公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』より、W主題歌のひとつである「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージックビデオとメイキング映像が解禁された。

 『時効警察』シリーズや『俺俺』『インスタント沼』『転々』など、誰にも真似できない独自のコメディセンスをもつ三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(配給・制作:アスミック・エース)が、10月12日(金)に公開となる。


 本作は、“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シンと、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となったシンの最後の歌声をめぐって謎の組織から追われる様をハイテンションで描くロック・コメディだ。


 4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』の阿部サダヲ。その圧倒的かつフルスロットルな演技を破天荒なキャラに激烈注入し、「グループ魂」のボーカル・破壊として活躍する歌声をスクリーンに叩きつける。


 そして、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを演じるのは、大ブレイク中の吉岡里帆。そのコメディエンヌぶりは本作でさらにパワーアップしている。ほかにも千葉雄大麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結し、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくる。


 この度、同世代の若者から圧倒的な支持を集める、あいみょんが作詞・作曲を手掛けたW主題歌のひとつ 「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージックビデオ(ショートver)とメイキング映像が解禁となった。


▼シン&ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」メイキング映像

https://youtu.be/ZdXge-uYahA


▼シン&ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」ミュージックビデオ(ショートver.)

URL: www.youtube.com

 劇中では吉岡里帆演じるふうかが歌うソロ楽曲だが、今回解禁となったのは、阿部サダヲ演じるシンとふうかのデュエットバージョン。ミュージックビデオは阿部サダヲ・吉岡里帆・千葉雄大の3人が再集結し、本楽曲のために全編撮りおろしで制作された。レコード会社のシン担当・坂口を演じた千葉雄大が、自転車に乗りながら爽やかに横切る冒頭から始まり、黒い衣装のシンと対照的な白い衣装でギターを抱えるふうかが青空の下で熱唱。2人がバックバンドの前で魂をこめて歌い叫ぶミュージックビデオになっている。


 メイキング映像では、阿部と吉岡それぞれが歌い叫ぶ姿が映し出されている。特に、本作でギターと歌唱に初挑戦した吉岡は、ミュージックビデオの撮影でも爆音のなか地声で歌い上げており、力強い歌声を披露しているのが見受けられる。また、同映像では、撮影前に吉岡と千葉が談笑する姿も。「今日、かわいいですね、めっちゃお似合いです」と吉岡から褒められた千葉は、笑顔で「照れちゃう」といって本気の照れ笑いを見せている。


ストーリー

 驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう。しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前。やがて2人は、シンの最後の歌声をめぐる謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる。


(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

AbemaTIMES

「タコ」をもっと詳しく

「タコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ