若林拓也、『ドラ恋』で感じたこれまでにないレベルの悔しさ「色んなものがのしかかってきて...」

9月26日(土)10時0分 ABEMA TIMES

 ABEMAのオリジナル番組『恋愛ドラマな恋がしたい』の新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss On The Bed〜』が、本日9月26日よりスタートする。同番組では、男女8名の若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様に密着。今回は、これまでのシーズンにはなかった共同生活に加え、ドラマの内容は全て「ベッドの上で起こる男女の恋物語」という設定となる。非日常的で、ある意味、過酷ともいえる環境の中で、どんな芝居が演じられ、どんな恋愛が生まれるのだろう。撮影はすでにスタートしてメンバーの心にも様々な変化が出てきている様子。『MEN'S NON-NO』の専属モデルでドラマにも多数出演する新メンバー・若林拓也(以下、たくや)に現在の心境を聞いた。

——本日はよろしくお願いいたします。まずは、ドラ恋の出演が決まったときの感想を教えてください。

たくや:
実は最初はそんなに乗り気ではなかったんです。自分のオフな部分、プライベートの一面を出すのが恥ずかしいし、それが視聴者の人にどう思われるのか、マイナスに働いたりしないだろうかという不安が大きかったです。
でも、マネージャーさんと話し合う中で気持ちに変化が生まれました。非日常的な場所に身を置くことで自分のメンタルはどうなっていくのか、辛いことにどれだけ全力で向き合えるか。それを体験できる貴重な機会で、今後の糧になるというアドバイスをもらって、一気に全力で取り組んで楽しんでやろうじゃないか! という思考にシフトしました。

——実際に現場に入ってみていかがですか。

たくや:
自分ってこんな奴だったのか、という気づきがありました。もっとポジティブで、楽しいことが大好きな人間だと思っていたんですが、ドラ恋の現場でいろんなことを体験するうちに、繊細で意外と弱い人間だったことが判明しました(笑)。

——おお〜。それは興味深いですね。お芝居、恋愛、どちらの影響が大きいですか。

たくや:
両方かな。メンバー全員が芝居に打ち込む熱量が高くて、その中で切磋琢磨しているんですが、だからこそオーディションに落ちたときの悔しさは半端じゃないんです。信じられないくらい悔しい。今まで感じたことのないくらいの悔しさです。マジで、涙ちょちょぎれちゃうくらいですよ。恋愛に関しても、みんな本気で恋をしにきています。男として悔しいとか情けないと思う瞬間もあるんですよ。もう……色んなものがのしかかってきて、かなり悩んでいます(苦笑)。知り合いがこんな僕の姿を見たら、絶対に驚きますよ。

——これまでのたくやさんとは相当ギャップがあるようですね(笑)。メンバーとの関係は良好ですか。

たくや:
すごいステキな関係を築けているんじゃないかな。切磋琢磨している良き仲間であり、良きライバルですね。もちろん、一緒に生活をしているので、見たくないところが見えたりもしますが(笑)。子供じゃないので、いかにうまく接していって仲良くやっていけるかも課題かなと思います。

——もめ事はないですか。

たくや:
(ちょっと間)ないです(笑)。

——今後のドラマに期待しています(笑)。良きライバルたちから学ぶことはありますか。

たくや:
それぞれペアで芝居の練習をするんですが、ほかの人の練習している姿が見れるんです。観察してみると、なるほどこういう距離の縮め方があるのか、とか。そういうアプローチがあるんだ、とか。新しい発見がありますね。他人が役作りしている姿を見ることって普段はないので。芝居に本気で取り組むにはとてもいい環境だと思います。

——ありがとうございます! 放送を楽しみにしています。

テキスト:氏家裕子
 

ABEMA TIMES

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ