MISIA、『鋼の錬金術師』主題歌を書き下ろし “兄弟”の絆を「錬金して完成した」

9月26日(火)8時0分 クランクイン!

MISIA、映画『鋼の錬金術師』で主題歌を書き下ろし(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

写真を拡大

 シリーズ全世界累計7000万部を超えるベストセラーコミックを実写化した映画『鋼の錬金術師』の主題歌が、MISIAの書き下ろしとなる新曲『君のそばにいるよ』に決定したことがわかった。 主演をHey! Say! JUMPの山田涼介が務め、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら豪華キャストが集結する本作。母を蘇らせるために行った禁断の錬金術により肉体を失ってしまったエドワード(山田)&アルフォンス・エルリック兄弟が、肉体を取り戻すために歩む冒険、そして立ちはだかる敵と繰り広げる戦いが描かれる。

 主題歌『君のそばにいるよ』は、作品のテーマでもある“エドとアル”2人の兄弟の絆を連想させるような楽曲。以前から原作コミックの大ファンだったというMISIAは、「もともと好きな作品でしたので、お話をいただいた時は驚き、嬉しかったです!」と喜びのコメント。

 「山田涼介さん演じるエドワードとアルフォンスの兄弟から感じとった歌詞に、果てしない希望を感じるメロディーとアレンジ楽曲、そして私の歌、それらを錬金して完成したものが、映画主題歌『君のそばにいるよ』です」とメッセージを寄せている。

 その仕上がりに曽利文彦監督も、「ハガレンの世界観を見事に表現した主題歌と映画との一体感に気持ちが高揚します。MISIAさんも原作の大ファンだとお聞きして、この共振が本物であることを確信しました」と太鼓判を押している。

 なお、10月25日から開催される「第30回東京国際映画祭」では、オープニング上映作品として世界で初めての公式上映も実施される。

 映画『鋼の錬金術師』は12月1日より全国公開。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

MISIAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ