ドラゴンボールにガンダム、鬼太郎もデザイン 新「ルービックキューブ」

9月26日(水)8時0分 J-CASTニュース

「ルービックキューブ」から派生、集めて飾っても楽しい

写真を拡大

バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、立体パズル「ルービックキューブ」の新シリーズ「Charaction CUBE(キャラクション・キューブ)」第1弾を、2018年9月下旬から全国の玩具店などで順次発売する。

コレクションアイテムとしても楽しめる



コロッとした大きな頭部が特徴の、全高85ミリの"素体"に、国内外で人気のキャラクターをデザイン。



キャラクターデザイナーの谷口亮氏に形状デザインの協力を仰いだといい、7つの分割パーツによる立体パズルとしてのギミックはそのまま、統一の素体フォーマットの採用によりコレクションアイテムとしても楽しめる。



第1弾となる今回は、スタンダードな「ボーンブラック」のほか、「ドラゴンボール超」から「孫悟空」「フリーザ(最終形態)」、「機動戦士ガンダム」から「RX-78-2 ガンダム」「MS-06F ザクII」、「NARUTO −ナルト− 疾風伝」から「うずまきナルト」、「ワンピース」から「モンキー・D・ルフィ」「トニートニー・チョッパー」、サンリオキャラクターの「ハローキティ」「ぐでたま」、「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎」から「鬼太郎」全11種をラインアップ。



価格は1680円(税別)。

J-CASTニュース

「デザイン」をもっと詳しく

「デザイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ