北野武、次回作は「純愛映画」 映画「アウトレイジ 最終章」ジャパンプレミア3

9月26日(火)12時37分 MAiDiGiTV


 北野武監督の最新作「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)のジャパンプレミアが9月25日、東京都内で行われ、北野監督らが出席した。北野監督は最新作について「最終章にしたのは長続きさせればできたけど、一回締めて。ヨーロッパに行くと『たけしはバイオレンス映画をまたやらないのか』と聞かれる。『次は純愛映画を』と言って、小説を書いた。(恋愛映画を)失敗したらバイオレンスの映画に戻ろうと思う」とちゃめっ気たっぷりに説明した。

 さらに、北野監督は「(北野作品は)日本を代表する役者さんがみんな(出演を)オーケーしてくれる。台本さえ渡せば、勝手に進行してくれる。(撮影で)西田(敏行)さんのアドリブには困らせられた」と振り返りながら、「これで区切りとなっていますが、何年かたったら、日本の俳優のオールスターでとんでもない映画を撮ってみようと(思う)」と思いをはせていた。

 イベントには、北野監督のほか、映画に出演している西田さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、塩見三省さん、白竜さん、名高達男さん、光石研さん、池内博之さん、金田時男さん、岸部一徳さんの計13人、豪華な俳優陣がステージに現れた。

 「アウトレイジ」は闇組織の抗争を描いた映画シリーズで、最新作では2012年に公開された前作「アウトレイジ ビヨンド」のその後が描かれる。関東の組織「山王会」と関西の組織「花菱会」の巨大抗争後、大友(ビートたけしさん)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー・張会長(金田さん)の下にいた。あるとき、韓国出張中の花菱会の幹部・花田(ピエール瀧さん)がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、張グループと花菱会は一触即発となり、激怒した大友はすべての因縁に決着をつけるべく、日本に戻ってくる。そんな中、花菱会では卑劣な内紛が起こっていた……という展開。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ