「奇跡の一枚」と話題の美少女“あかり”のことメンバーはどう見てる?α-X’sに変化があった今夏…「絆が深まった」「正直大変でした」<モデルプレスインタビュー>

9月26日(火)18時0分 モデルプレス

ガルアワに出演したα-X’sのAチーム(C)モデルプレス

写真を拡大

【α-X’s/モデルプレス=9月26日】ダンス&ボーカルユニットとしてデビューを目指すエイベックスの育成ユニットα-X’s(アクロス)のAチームが、幕張メッセにて開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」(以下:ガルアワ)のオープンニングアクトとして出演。終了後、メンバーのあかりと望優がモデルプレスのインタビューに応じた。

◆この夏の合宿で「絆や団結力が深まった」「正直大変でした」

— 2回目のガルアワ出演ですが、ステージはいかがでしたか?

望優:α-X’sとして出演するのは2回目なのですが、Aチームの7人で出演するのが初めてで、大きなステージだったのでとても緊張しました。本番までに7でリハーサルを頑張ってきたので、今日は(自分たちが持っているものを)全部出せたかなと思っています

あかり:最初は緊張しましたが、みなさん(観客)のお顔を見たら、楽しくなりました。

望優:うん、楽しかったね!

あかり:みんなで始まる前、円滑を組んで「よっしゃ!勝負の日だ!」みたいなことを言って…

望優:気合いを入れていました!

— この夏も合宿を行ったりと、デビューに向けて7人で頑張っているそうですが、結束は強くなりましたか?

望優:強くなったと思います!メンバーみんなと日々過ごしていくにつれて、絆や団結力が深まっていきました。みんなで頑張って上を目指していこうという気持ちを1つにしたので、メンバーの気持ちも変わっていったんだと思います。

あかり:話し合いができるようになりました。いい意味でみんな心の底からぶつかり合って話せるようになりました。

— それはすごくいいことだと思います!

望優&あかり:ありがとうございます!

— 合宿はいかがでしたか?

望優:正直大変でした。ですが、やっぱり自分たちの夢に向かって突き進んでいく上には大切なことなので、キツイというよりかは自分たちで夢を叶えていこうという気持ちでいたでの、キツくはなかったです。

あかり:その成果を今日出せました。このような大きなステージを目指して頑張ってきたんです!

望優:これからももっとトレーニングして、いいパフォーマンスできるように頑張ります!

◆「奇跡の一枚」が話題になった“あかり”をメンバーはどう見てる?

— あかりさんと言えば、「奇跡の一枚」が話題なり、この夏なにか変化はありましたか?

あかり:声をかけていただくことが増えました。「奇跡の一枚の女の子だ」って言われると、嬉しいです。

望優:あかりの「奇跡の一枚」のおかげでα-X’sという名前を広げることができたので、私たちのことをたくさんの方に知ってもらえて嬉しかったです。

— メンバーは「奇跡の一枚」と話題になったあかりさんをどう見ているのでしょうか?

望優:天然ちゃんですね(笑)。天然ですが、しっかりしているところはしっかりしていて、いろんな意味でこれからも頑張ってほしいです。あと、ライブ中に来てくださっているみなさんにちゃんと目線を送ったり、ニコニコと“一緒に楽しみましょう”みたいな表情をしているあかりの姿を見ると私も頑張ろうと刺激をもらってます。

— 最後に今後の目標を教えてください。

あかり:10月9日アクロス初の単独公演を成功させることです。17人全員が、各場所で単独公演成功に向け頑張ってきたので、全部の力を当日出せたらいいなと思っています。

— ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■α-X’s(アクロス)とは

Da&Voユニットとしてデビューを目指すメンバーで結成されたavexmanagement Inc.育成ユニット。あかり、望優の女性メンバーと敦貴、遥城、呈、龍乃介、悠真の男性メンバーで構成するAチームの他、Bチーム、Cチームがあり計17名で活動中。アーティスト活動以外にも、モデル、俳優、バラエティ番組出演など、幅広い分野に挑戦中。10月9日に初の単独ライブを東京・竹芝ニューピアホールで実施する。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

インタビューをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ