橋下徹が占い師を大論破! 容赦ない追及に絶賛「ズバっといくねw」

9月26日(土)19時0分 まいじつ


(C)まいじつ



9月23日に放送された『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に、元政治家で弁護士の橋下徹氏が出演。占い師に対して容赦ない追及を連発し、視聴者からは絶賛の声があがっている。


【関連】フワちゃんの“占い結果”に呆れ声「病院にいきなよ…」ほか


番組では、天星術の占い師・星ひとみ氏が橋下氏と対面。彼は「(占いは)まったくやらないですね。人生で一回もやったことない」と、まず自分のスタンスを述べる。


そして星氏が橋下氏の性格について、「心や強さ、パワフル、行動力」と、その特徴を列挙すると、それまでにこやかな表情で話を聞いていた橋下氏は「ただちょっと嫌なことを言わせてもらうと…それって世間の人みんなが思っていることなのかな」と、さっそく疑問点を追求。


すると星氏は「あ〜そうなんですね」と、自分は知らなかったという空気を出した後、続けて世間の人が知らないこととして「キスが上手い人です」などと、性的な話に持ち込んだ。

しかしこれは、立場が悪くなったらエロ系の話をするという占い師の常とう手段と言われているもの。そしてこちらも橋下氏は「妻に聞かないとわからない」とバッサリ切り捨てた。


その後も、幼少期に実の父を亡くしたこと、23歳の頃に司法試験に落ちたことなどを星氏は言い当てたのだが、どれもウィキペディアレベルの情報。橋下氏は当然「公表している話なんだけども」と論破する。


そこで最後に星氏は、〝ラッキーナンバーが8〟だと指摘。しかしその基準は曖昧で、「住所や電話番号など、どこかしらに入っている」「足したら8になる数字でもOK」など、誰にでも当てはまるようなことを並べた。また、「8は横に倒すと∞」という謎の理論も飛び出す。これにはさしもの橋下氏も不憫に思ったのか、苦笑いしながら「8」について認めてあげていた。


ウィキペディアを読み上げる占い師


今回の占いにネット上では、



《足したら8とか何でもありか》

《8ってだいたい当てはまるんじゃないの》

《そりゃ何かには入ってるだろうよwww》



といった呆れ声があがっていた。さらに



《いいぞ橋下! 仕込みを暴いたれw》

《さすが橋下ズバっといくね》



など、橋下氏を絶賛する視聴者も多い。


「この回で星氏は、ユーチューバーのフワちゃんのことも占っていたのですが、ウィキペディアに掲載されているような基本的な情報ばかりでしたね。そもそもこの番組に出てくる占い師は、基本的に〝過去に何があったか〟を見るだけ。これから先どうなるかといった〝未来〟のことはあまり占わないため、占い師というよりカウンセラーになっています」(テレビ誌ライター)


フワちゃんの占いパートでも、ネット上では



《ウィキに書いてあることばっか言ってるな》

《収録前にWikipediaめちゃくちゃ読み込んでんだろ》



などと批判的な声が続出していた。


次回はもっと、初出しの情報を言い当ててもらいたいものだ。


まいじつ

「占い」をもっと詳しく

「占い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ