平野レミ“放送禁止”発言にアナウンサーもハラハラ「めちゃくちゃ怒られそう」

9月26日(日)10時32分 まいじつ


(C)shipfactory / Shutterstock 



9月23日に生放送された『平野レミの早わざレシピ』(NHK)で、料理愛好家の平野レミが絶対に言ってはいけない〝NGワード〟をしゃべってしまい、ネット上で話題になっている。


【関連】『ヒルナンデス!』“モロ見え”事故にツッコミ殺到「見えたぞ!」ほか


この日、番組ではレギュラー出演しているタレントの中山秀征とお笑いコンビ『ハライチ』の澤部佑に加えて、ゲストに俳優の大竹しのぶが出演。平野は秋の食材として用意された〝さんま〟を使った料理を次々に披露した。


平野は『さんまの骨抜きパスタ』、『さんまの塩焼き・大根おろし5点』などを調理したが、あまりの〝さんまずくし〟に大竹もたじたじ。「さんま、さんまってずっと言われてるのはなんかなぁ…」、「骨抜きとかね」などと苦笑い。中山と澤辺も思わず「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。


そんな中、平野が突然、「あたし、さっき、さんま五点おろしをやったんだけどさ、『さんま五点おろしって絶対に言っちゃいけない』って…」とポロリ。松田利仁亜アナが「レミさん、進めましょう。レミさん、進めましょう!」と激しく動揺するも、「言っちゃいけないって言うから、大変だったの。NHK、おっかないからさー」と言いたい放題で、〝平野節〟を炸裂させた。


平野レミの“大胆発言”にさまざまな声


平野の発言に、視聴者からは



《NHKは特に独特の放送禁止用語多いから、他の出演者の発言に無駄にビクビクするって言ってたな》
《平野レミはともかくNHKの規制にアナウンサーが焦るのも分かる》
《ゲストが大竹しのぶの回の食材に秋刀魚を選んでるあたりNHK側も狙ってるとしか思えない》
《なんかNHKっていろいろNG事項があるんだね。出演者も面倒くさくないのかなぁ》
《平野レミ言いたい放題で面白いけど後で局からめちゃくちゃ怒られてそうで複雑》



などといった声が寄せられている。


「平野は事前に番組スタッフから〝さんま五点おろし〟と言わないように釘を刺されていたようです。明石家さんまが出演する人気番組『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)の番組名とかぶるのが理由と思われます。さんまはNHKに出禁を食らっていたといわれていますが、2013年2月に28年ぶりに同局へ出演しています。NHKは放送禁止用語の規制が厳しいことでも有名で、指針として出したガイドライン『NHK新用字用語辞典』や『NHKことばのハンドブック』に乗ってない言葉や用法がNGワードとされているようですが、クレームが来た言葉なども含まれます」(テレビ誌ライター)


不適切とされる言葉の範囲は年々広がりつつあるが、あまりにも規制が多いと出演者もハラハラしてしまうのではないだろうか。


まいじつ

「生放送」をもっと詳しく

「生放送」のニュース

「生放送」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ