東映が2つの戦隊名を商標出願 特許庁・公開商標公報で明らかに

9月26日(火)12時41分 おたくま経済新聞


東映株式会社名義で、2つの戦隊名を商標出願していることが分かった。9月26日特許庁発行の公開商標公報で明らかとなった。「公開商標公報」とは誰でも閲覧できる公報。出願から1か月程度の内容が掲載される。

※注意:本稿には特許庁発行の9月26日公開商標公報の内容を掲載しています。東映公式の発表ではありません。そのため、読み進めるか否かは各自で判断してください。

東映は、毎週日曜朝にテレビ朝日系で放送しているスーパー戦隊シリーズを制作している。2017年2月12日に放送開始した『宇宙戦隊キュウレンジャー』でシリーズ41作目。例年2月に新番組スタートとなり、次期タイトルは前年の8月末〜9月末にかけ出願している。過去例にならえば今回特許庁公開の商標が次期タイトルとして最も有力と考えられるが、同時2タイトル出願は異例。

特撮ファンの間でもこの時期特に注目され、発表と同時に次期タイトル候補として想像を巡らせネットで語られるのが通例となっているが、今年については2つ同時とあり公報をみたファンたちから「まだわからない」「2つ?」などと驚きの声があがっていた。

【参考:過去出願時期】

・宇宙戦隊キュウレンジャー:2016年8月29日出願

・動物戦隊ジュウオウジャー:2015年9月7日出願

・手裏剣戦隊ニンニンジャー:2014年9月25日出願

・烈車戦隊トッキュウジャー:2013年8月30日出願

そして2017年の出願日は9月11日で、公開日は9月26日。出願された商標は『快盗戦隊ルパンレンジャー』と『警察戦隊パトレンジャー』の2つ。その他、出願形式は例年とほぼ同じ内容となっている。





<情報出典>

特許庁 公開商標公報

(Hide)

おたくま経済新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東映をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ